フローレンス・ジョイナーの名言・格言|試合前にやるべきことをきちんとやる

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合前にやらなくちゃいけないことをきちんとやっただけです。
【覚書き:上記はソウル五輪で金メダルを獲得した時、勝利の秘訣を問われてのコメント】


フローレンス・ジョイナー の経歴

フローレンス・ジョイナー。米国の女子陸上選手。主な種目は100m、200m、リレー。ソウル五輪で100m、200m、4×100mリレーでそれぞれ金メダルを獲得し3冠をなし遂げる。競技の実力と共に華のある明るいキャラクターで多くのファンを作った。34歳の若さでこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。

チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ。

僕はいつだって強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。僕はもっと強いサーブが打てる。もっといい動きができる。もっとアグレッシブなショットを打てる。

一生懸命打ち込めることがあること、それが最高。全力を出し切って走り、それで勝てれば満足感がある。賞金は後から付いてくるんです。

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。

練習をやった分だけ返ってくる。「ここぞ!」というときに発揮される力って、練習によって培われたものだと思う。人一倍、練習してきたことが、数字に表われている。

弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。

ページの先頭へ