武豊の名言・格言|レース前にすべての準備を整える

特別なレースという部分に関しては、ここで初めて何かを試すようなことがあってはいけないと思います。
【覚書き:ダービーへの取り組みについて語った言葉。レース前にあらゆる状況を想定し調教を行い準備することの大切さについて語った言葉】

武豊 の経歴

武豊、たけ・ゆたか。日本のプロ競馬騎手。若干18歳で最多勝を記録、翌年19歳8ヶ月でG1菊花賞優勝最年少記録を打ち立てる。95年通算1000勝最年少記録更新。競馬ファンのみならず多くのファンを持つ日本を代表するジョッキー。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、ただ真面目に仕事をしてきただけ。子供の頃に何かを目指すなら、そのためにできる目の前の小さな目標を持って、それを一つ一つ確実に達成していくことを心掛けてほしい。

僕はオリックスを自分の会社だと思っているから、自分で自分をクビにせざるをえないときがくるのが死ぬより怖かった。でも、突き詰めていくと、最後は会社が残ればいいじゃないかと思えました。

信頼は、日々の仕事ぶりの積み重ね。上司が見ていようといまいと、とにかく真面目にやるしかありません。そうやって認められれば、上司に対してものを言いやすくなります。

私は、人事部門の役割は、社内にある成功事例や勝ちパターンを他の部署にも移植する「パフォーマンス・エンジン」であり、経営と現場をつなぐ「コミュニケーション・エンジン」であると考えています。

やはり商いは、お客様あってのこと。

私たちの商品を売ってくださる小売店や飲食店の方たちは、消費トレンドを非常に敏感に捉えている。その方たちが「これを売りたい」と思うような商品であるかどうかは、重要な判断基準になります。

弊社では社員に会社の戦略を説明する会を定期的に行っています。私は毎回資料をつくって臨んでいたのですが、あるときどうにも資料をつくるのがおっくうになったことがありました。もっと日にちが迫ってからにしようとそのまま放っておいたのですが、気がついたら資料がないままに説明会の直前になってしまいました。そこでたくさんの資料をもとに説明するというスタイルをやめて、最小限の資料をもとに、社員から自由に質問してもらう質疑応答スタイルに変更しました。すると、例年にない活気にあふれたものになりました。

僕がいつも言っていることは基本に忠実になれということです。基本に忠実なんて言うといやな顔をする人が多いかもしれません。なんだそんなことかと。しかし、これは大事なことなのです。多くの人は基本に忠実にやらないで失敗するのです。僕は会社を経営していくうえでこの事実を確認してきました。資金繰りが大切なんてことは誰でも言っているし、あちこちのビジネス書に書いてあることです。しかし、こうした基本を忘れてしまうので実際に会社はつぶれていくわけです。

まずは現場に行き、誰もやっていない「穴」を見つける。穴が見つかれば愚直に取り組めばいい。

サービス業に限らず、ビジネスは仮説と検証の繰り返しが大切です。検証の機会が少ないと、仮説が間違っていたとき、それに気づくものも遅れてしまいますし、仮説の精度も鈍ってきます。

ページの先頭へ