南壮一郎の名言|高収入のビジネスマンはレスポンスが早い

高収入のビジネスマンの方とお会いした後で感じることは、皆さん、レスポンスが早いこと。

南壮一郎 の経歴

南壮一郎、みなみ・そういちろう。日本の経営者。会員制転職サイト「ビズリーチ」社長。6歳から13歳までカナダで過ごす。タフツ大学数量経済学部、同大学国際関係学部をそれぞれ卒業。モルガン・スタンレー証券勤務を経て「S-1スポーツ」、「ビズリーチ」、高級チケット販売サイト「ルクサ」などの会社を設立。プロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の設立にも参画した。著書に『絶対ブレない「軸」のつくり方』『ともに戦える「仲間」のつくり方』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20代を全力投球すれば30代まで持ちこたえられる。30代を全力投球すれば40代も、40代を全力投球すれば50代も持ちこたえられる。そして50代をどう過ごすかが勝負で、ここで全力投球すれば、60代、70代まで頑張れる。

酒巻久の名言|20代を全力投球すれば30代まで持ちこたえられる


一個人や一部門だけで情報や知識を抱え込んでいても、グローバル化と多様化が進んだ世界では顧客の価値につながりません。

奥正之の名言・格言|一個人や一部門に情報を抱え込ませない


自分の器以上のものを見せたら、すぐに嘘やとバレるやん。見抜かれるやんか。だから有り体にしていたらいいんじゃないでしょうか。

井筒和幸の名言|自分の器以上のものを見せたら、すぐに嘘やとバレるやん


僕が会った政治家のなかで、雑談がうまかったのは、なんといっても田中角栄さん。あれだけの大政治家だから、たくさんの人と話すわけだけれど、一度会った相手の名前は必ず覚えていて、「やあやあ、○○さん」と名前で話しかけていた。さすがは「コンピュータ付きブルドーザー」の異名を取った記憶力。これだけでも、相手の心は動かされるよね。

田原総一朗の名言|田中角栄のコミュニケーション法


ニュースに触れた時、何かに出くわした時にみんなはどこまで思いを巡らせるんだろうと想像し、だったら俺はその先の本質を……と考えていく。月曜日から日曜日まで。俺がテレビ、ラジオに出て、同じ事件やニュースについてそれぞれ違うコメントができるのは、いつもそうやって人間の本質なり、行動の本質を考えているからなんですよ。

テリー伊藤の名言|本質を考える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ