ペレの名言・格言|背番号10番は特別

私にとって背番号10というのは特別な意味を持っている。
【覚書き:ブラジル代表チームのキャプテンナンバー背番号10番について語った言葉。】

ペレ の経歴

ペレ(本名エドソン・アランテス・ナシメント)。ブラジル生まれのプロサッカー選手。史上最高のサッカープレーヤーと称される選手。16歳でプロデビューし、W杯でブラジルチームの3つの優勝に貢献した。所属チームはサントス。引退後、ブラジル・スポーツ省長官なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自然界は、成長の代償として、努力と忍耐を要求します。成長の過程に必要なさまざまな克服の体験は、多くの場合、もがきと痛みとの闘いになるでしょう。しかし、ひとつひとつの克服が、必ず成長をもたらします。そして、克服するごとに、成長のレベルを維持することができるのです。闘いは必ず終わります。痛みも、一時的なものにすぎません。

トレーニングを続けるコツは、運動の「強度」と「時間」を自分のライフスタイルに合わせること。この2つが自分の許容度をオーバーしていると続きません。

日頃からさまざまなものに好奇心を持つことが大切。いつどんな場面で、自分の好奇心をくすぐるものと出会えるかわかりません。そういった機会はどこにでも転がっていますから、いつでもアンテナを張っていることが大事。

危機に直面したときに、どのような抜本的な手を打つかによって、その後の競争力が変わる。危機をどれほど深刻に捉えて、どういう抜本的かつ本質的な手を打つか。それによって後の競争力が本当に変わってしまう。

当社には、「成功か大成功しかない」という言葉があります。諦めない限りは成功するんですよ。

売場を削ってでも舞台をつくるという構想は、非常に大きな決断でした。ここまでスケールの大きな話になると、会議ではなかなか決まらない。ごく少数でコンセプトを練り、あとは思い切ってやるしかないんです。

私は朝早くから工場に行き、職長たちと親しみ、晩は職長たちを呼んで茶菓をだして話を聞いた。経営の核心を知るために、原価を的確に知りたく、原価計算も研究した。私のこうした仕事ぶりは、周囲に好感をもって迎えられた。職長たちも、今度の人は前の人たちとは違う、よく話の分かる人だと褒めてくれた。
【覚書き|日本陶管で高浜工場長に就任したときを振り返っての発言】

いまでも学ぶことは楽しい。またお金が貯まったら、もう一度引きこもって勉強し直したいくらいです。

松下(幸之助)さんは父親が米相場で失敗し全財産を失ったこと、小学校を4年で中退したこと、家族をすべて亡くしたこと、自身も肺尖カタルにかかったことなど、こういうことが、自分にとっては運が強かったことだと解釈していた。なぜならば、父親の失敗のお陰で、船場(せんば)に出て、商売の勉強ができたこと、小学校4年中退で勉強できなかったことによって、多くの人たちにものを尋ねることを身につけ、それが衆知を集める経営を考え出したこと。また、身体が弱かったために、そのお陰で事業部制、言わば会社内会社を考え、そのことによって人材を育成することができたこと。だから、私がなんと不幸な、と思うことを、松下さんは自分の運の強さの証しとしてよく話をしていた。私が否定的に不運、不幸と受け止めることを、松下さんは、「だから自分は運が強い」という解釈をする。大肯定をする。そういう普通であれば否定的にとらえるところを大肯定するところが、非常に私には興味深かった。

私は1973年に旧日本電信電話公社(のちのNTT)に入社したのですが、専門は線路部門です。電柱のケーブルや地下管路などの建設保守をする部門です。この仕事は、外部を含めて様々な人と一緒に仕事をします。屋外作業ですから、環境も千差万別。先輩に「まずは現場に行け。行かないと実態は把握できない」と口を酸っぱくして言われました。これが私の現場主義の基本になっています。

ページの先頭へ