谷所健一郎の名言|普段からいい人間関係をつくうておくことが必要

普段からいい人間関係をつくうておくことが必要です。突然「間に合わないから、助けてください」ではイヤがられますが、事前に「明日、遅くなっちゃいそうだから協力してもらえないかな」と伝えておけば、周りも手伝いやすい。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

悪いときに諦めないことが大切。僕も、「このままじゃ終われない」と思ってやってきました。僕、しつこいんですよ。

山本昌の名言|悪いときに諦めないことが大切


カタログ通販では、思わぬ形で競合が現れ、成長が鈍化した。いつかはビジネスモデルをまねされるだろうと思っていたが、徹底的に同じようなビジュアルで、あそこまで低価格の商品が出てくるとは思わなかった。

林恵子の名言|競合に注意


私は、世の中のリーダーには、共通する四つの力があると考えています。一つは「活力」、次に「共有力」、それから「影響力」、最後に「今を見る力」。

南部靖之の名言|リーダーに必要な4つの力


バレーボールには、ネットという障害物がある。そのため、もともと背が高くてパワーのある選手に有利な競技だ。しかし、日本選手には高さやパワーを望めない。勝つには発想の転換が必要である。そこで改めて思い至ったのは、バレーボールではボールが床に落ちなければ点数が入らないということだった。もともとレシーブでボールを拾いまくるのは日本女子バレーのお家芸ではあったがそれに磨きをかける必要があった。

眞鍋政義の名言|自分たちの長所に焦点を合わせることの大切さ


人よりいい商品を安く売ることだ。こうすれば金は自然に儲かる。金は儲からないのではなく、人が儲けないのだ。そして、天から授かった福運は絶対に自分のものとすること。つまり、握ったら離すな!

井上貞治郎の名言|人生の教訓


私たちは変化を愛すべきだ。そうすればもっとより良い形でビジネスを進められる。

ジェフ・イメルトの名言|変化を愛すべき


誰もが見捨てる後工程にこそ会社の活路があるのではないか。

仲谷善文の名言|誰もが見捨てる後工程にこそ会社の活路があるのではないか。


適切な自己開示も、相手の答えやすさを促進します。自慢話や知識のひけらかしは厳禁です。大事なのは「あえて弱い部分も見せること」と「相手の状態に合わせること」です。不安そうにしている相手なら、「私も新人時代は不安だったよ」、失敗した相手には「私も君くらいの歳で、とんだ失敗をしてね」というふうに、相手の気持ちに寄り添うのです。それは相手に共感と安心を与えるのみならず、「こちらの気持ちを察してくれる、頼りになる上司だ」という尊敬の思いにもつながるでしょう。

野口敏の名言|自己開示で自分の弱い部分を見せることの大切さ


意味のないことをやめると、精神的に身軽になれます。仕事はただでさえストレスフル。だからといって、ストレスフルな仕事をすべてやめるわけにはいきません。そのような中で自分のパフォーマンスを高めていくには、ストレスコントロールが不可欠です。意味のないことをやってストレスを感じるのは、極力避けるのが賢明です。

星野佳路の名言|意味のないことは極力避ける


30代後半や40代にもなれば、選択肢が狭まることは当たり前。それをうじうじと考えていても、時間が過ぎていくだけです。

冨山和彦の名言|30代後半や40代にもなれば、選択肢が狭まることは当たり前


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ