谷所健一郎の名言|日本企業では、人間性で残っていける可能性は十分にある

日本企業でも、一時は個人の成績を重視する「能力主義」や「成果主義」がもてはやされましたが、最近ではまたもとに戻ってきています。こうした流れは、「仕事はチームで行うもの」という認識からです。外資系企業では、パーソナリティよりも成績が重視され、個人が成果を出さないと会社に残れません。しかし日本企業では、結果を出さなくても人間性で残っていける可能性は十分にある。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

面白いのは、熱中して、ある一点を徹底的に掘り下げると、その周辺の能力まで高まっていくことです。特定の能力を高めると、それに関連した周辺の分野の問題に遭遇したときに、なぜか正しい答えがいきなりわかってしまうことがあります。それを、人は直感力と呼ぶわけです。「一芸は多芸に通ず」と言われるのもこれです。

池谷裕二の名言|一芸を徹底的に掘り下げると周辺の能力まで高まっていく


一人の悪口を言えば、十人の敵をつくる。よほど信用している相手でも「君だけには言っておくが、じつはあいつは……」とやれば、一日経たないうちに知らぬ者なしとなる。それが政界、社会もまた同じだ。プラスになることは一つもない。どうしても悪口を言いたければ、一人でトイレの中でやれ。

田中角栄の名言|一人の悪口を言えば、十人の敵をつくる


私はデジタルツールも最大限活用していますが、ノートは手放せません。なぜなら、手書きでなければ実現できないことがあるからです。それは主に、「情報の一元化」と「アイデア発酵」という目的です。

美崎栄一郎の名言|ノートを使う利点


私たちが報酬なしでも喜んですることは、給料のための仕事以上に私たちを幸せにしてくれる。私たちは食べていかなければならないが、生きるとはそれだけではない。創造的かつ評価される方法で貢献する機会は、エイブラハム・マズローがすべての願望の中で最上位に置いた自己実現に他ならず、それが仕事で叶えられることは少ない。

クリス・アンダーソンの名言|報酬なしでも喜んですることは、給料のための仕事以上に私たちを幸せにしてくれる


芸術は「ここには何かがありそう」というその何かをできるだけ遠くまでつなげて味わうもので、完全に説明できてはミもフタもないでしょう?宗教もそうですよね。「神は存在します。以上」と言いきってもつまらないですから。

杉本博司の名言|芸術とは


春に20年ぶりの大規模な組織改正をしました。自分の事業部門に責任を持つのは悪いことじゃないが、横を見なくなったからです。この間、海外で灌概施設のポンプを受注したから、水を送る鉄管はどうなっているって聞くと、「は?」と言う。潅概っていうからには飲み水じゃなくて農業施設だろ、どこに畑があり農機はどうなっているんだって聞いたら、こちらも、「は?」だ。「もう知らんわ、こんな会社」って頭にきて、事業部制を潰したんだ。

益本康男の名言|社員が別の部署についても理解している組織にすることの大切さ


何度も話をするそれが一番の近道です。人間は話すことで思考や情報が整理されます。対話を重ねると何をすべきかというゴールが見えてきます。ゴールの設定をすることは非常に重要です。どこに行くべきかを共有することこそ、本当の意味でのクリエイティブな作業です。仕事がなかなか上手くいかない人は、ゴールが見えないまま走り始めてしまっているのかもしれません。

佐藤可士和の名言|仕事を成功させるにはゴールを明確化する


協力会社の皆さんと手を携えながら、日々の事業に取り組んでいます。「玄鶴会(げんかくかい)」という仕入会社の会を結成していて、強固な信頼関係ができあがっています。

鈴鹿可奈子の名言|協力会社と強固な信頼関係を築く


やりきれないですよね。良かれと思ってやったことが裏目に出て、結果的につらい思いをさせてしまうのは。でも、人間誰しもそういう行き違いを重ねながら生きていくんじゃないのかな。僕にもたくさんありますよ。たとえば娘の誕生日プレゼントにパスタマシンを買ったら、「それだけはいやだと思ってた」と言われたことがあって。満面の笑みを予想していたら、まさかのリアクションでしたね。誰も彼も、一度ならず二度くらいはあるんじゃないですか、そういうことは。

西田敏行の名言|人間誰しも行き違いを重ねながら生きていくんじゃないのかな


開発技術者なら、良い仕事を出したときの達成感、充実感は長く続くと思います。しかし営業マンは毎月毎月の予算を達成しなければいけないので、達成したと思ったら翌日から次の高いバーが待っています。いわば瞬間の達成感に満足する人でなければいけません。

西田厚聰の名言・格言|営業マンに必要なのは瞬間の達成に満足すること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ