谷所健一郎の名言|日本企業では、人間性で残っていける可能性は十分にある

日本企業でも、一時は個人の成績を重視する「能力主義」や「成果主義」がもてはやされましたが、最近ではまたもとに戻ってきています。こうした流れは、「仕事はチームで行うもの」という認識からです。外資系企業では、パーソナリティよりも成績が重視され、個人が成果を出さないと会社に残れません。しかし日本企業では、結果を出さなくても人間性で残っていける可能性は十分にある。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ