齊藤勇の名言|多少失敗したほうが上手くいく

多少失敗したほうが上手くいくと心理学的に証明されています。こういう実験があるんです。優秀な2人にプレゼンをしてもらう。1人目は完璧な物腰と口調で申し分のないまま終了。2人目も完璧だけどプレゼンを終えて立ち上がる際にコーヒーをこぼしてしまう。その結果、相手から好かれたのは後者の失敗したケースでした。

齋藤勇(齊藤勇) の経歴

齋藤勇、さいとう・いさむ。日本の心理学者。立正大学心理学部教授。山梨県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。カリフォルニア大学留学。一般向けの心理学の本を多数執筆。テレビなどにも出演し、心理学をわかりやすく解説している。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

医薬品というのは大変なんです。たまにホームランが出るけど、その間がなかなか耐えきれない。特に中小メーカーにとって厳しい。だけど、富士フィルムの場合は、ホームランが出るまで他の事業で支えられる。これは、有利に働くと思いますよ。

古森重隆の名言|他の事業で支える


滅私奉公ではなく、自分というものがしっかりわかっていることが大事。自分はどうでもいいからというのは偽善。やはり自分がかわいいし、人も同じようにかわいいと、そうなるのが本来の姿。そういう姿勢だと、相手を説得できる。自分のことを相手の立場に立って考えることができれば、必ず説得できる。

日覺昭廣の名言|自分はどうでもいいからというのは偽善


ネガティブなことを考えながら電話をかけているとすれば、あなたは永遠に受注をとることはできないでしょう。できる営業マンと呼ばれる人の多くは、お客様との最初の接触に、全エネルギーの半分以上を注ぎ込んでいます。そこで好印象を相手に与えることができれば、成約率がかなり高まるからです。

刈田範博の名言|お客様との最初の接触に全エネルギーの半分以上をつぎ込む


素直であることは、会話をつなぐという点でも、とても大切だと思います。自分の意見を捻じ曲げたり、自分をよく見せようとしたりすれば、どこかに無理が出て、きっと相手に見透かされてしまいます。それでは会話はもちろん、相手と信頼関係を続けることは難しいでしょう。

藤田志穂の名言|素直であることの大切さ


自分の欲望に基づいた目標達成を強いるのではなく、一人ひとりの社員が現場で注ぐ努力がどれほど尊いかを思い、その尊さに匹敵する公的な目標を設定する。経営者として大切なのは正しい目標をすえ、それに徹する覚悟ではないでしょうか。

鍵山秀三郎の名言|経営者として大切なのは正しい目標をすえ、それに徹する覚悟


エンジニアリング人生の中で心がけてきたことは、とにかく一所懸命に生きる、人をいかに大事に生かしていくかということ。

重久吉弘の名言|心がけてきたことは、とにかく一所懸命に生きる、人をいかに大事に生かしていくかということ


これからは日々進化するロボットやコンピューターが人間の単純労働を代替していくだろう。さりとて、人間がいらなくなるわけではない。もっと高次の仕組み「創り」にその能力を発揮すればよい。人間本来の持つ、アナログ的能力が再び付加価値の源泉となるだろう。

松井道夫の名言|ロボットやコンピューターに代替できない仕事


会社から与えられた仕事だけをやってきた人というのは、その会社の中では成功できても、会社の体制が変わったり、転職したときに、環境の変化に対応することができません。自分の得意分野での専門性を高めるとともに、新しい仕事を創造できる人を目指すことが大事です。これからの時代に生き残れるのは、そういう人なのだと思います。

午堂登紀雄の名言|違った環境でも成功できる人になるには


人はすぐには変わりません。企業には文化があり、それは何十年もかけて形成されたもので、いわば習慣です。それを変えるにはやはり、結果を出すしかありません。

澤田秀雄の名言|組織を変えるには結果を出すしかない


妊娠と出産しか命をつなぐ方法はありません。生まれてくる力も生む力も素晴らしい。

大葉ナナコの名言|生まれてくる力も生む力も素晴らしい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ