齊藤勇の名言|多少失敗したほうが上手くいく

多少失敗したほうが上手くいくと心理学的に証明されています。こういう実験があるんです。優秀な2人にプレゼンをしてもらう。1人目は完璧な物腰と口調で申し分のないまま終了。2人目も完璧だけどプレゼンを終えて立ち上がる際にコーヒーをこぼしてしまう。その結果、相手から好かれたのは後者の失敗したケースでした。

齋藤勇(齊藤勇) の経歴

齋藤勇、さいとう・いさむ。日本の心理学者。立正大学心理学部教授。山梨県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。カリフォルニア大学留学。一般向けの心理学の本を多数執筆。テレビなどにも出演し、心理学をわかりやすく解説している。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

法改正は大注目。改正に伴い、新ビジネスが生まれることが多い。

渡邊健太郎の名言|法改正は大注目


西ドイツに赴任したとき、顧客から「長時間使うと透明フィルムが黒くなる」とクレームがきました。調べてみると、フィルムを透明にする安定剤の成分が日本と西ドイツでは違うことが分かりました。西ドイツの樹脂を使えば、時間の経過とともにフィルムが黒ずむ。日本の常識しか知らなかった私は、自分が井の中の蛙であることを思い知りました。

永田昌久の名言|自分が井の中の蛙であることを思い知った


27歳の頃、私が働いていたラーメン店のオーナーが突然「店を辞める」と言い出した。急に仕事がなくなって、私も困った。どうしようかと思っていたら、店の建物の家主さんが「あんたがやったらいいじゃないか」。一生懸命働いているのを見て見込んでくれたうえに、開店資金を銀行から借りる保証人にまでなってくれました。ところが、自分で経営して分かりました。その店は2階で目立たないから何しろ客が来ない。働いていても「暇だなぁ」とは思っていたのですが……。もう借金はしているし、どうにもできません。仕方なく、前のオーナー時代から夜10時までの営業だったのをそのまま延ばしてみました。すると、夜遅くなるほどお客さんが来るのです。そこではつと気がつきました。岩槻市(のちのさいたま市)は人形の町で遅くまで働いている人が多い。でも、当時は夜やっている店なんてなかった。だから受けたのです。店は立地だけではない。時間を変えればすごいマーケットが取れるということをその時学びました。

神田正の名言|同業者が少ないマーケットを探すことが大切


今年の東大入試では、「いま試験を受けているキャンパスについて気づいたことを英文で述べよ」という問題が出ました。こうした「絶対的な答えのない問題」が、大学受験では増える傾向です。ここで求められるのが、解決の糸口を的確に見いだし、素早く表現する能力なのです。

相川秀希の名言|求められるのは、解決の糸口を的確に見いだし、素早く表現する能力


年齢を経て、気力と体力の低下を感じている人にとって、ランニングは自信を取り戻す絶好の機会。ランニングでやりがいと自信を得られれば、仕事も前向きに取り組めます。

原晋の名言|ランニングは自信を取り戻す絶好の機会


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ