谷所健一郎の名言|能力が劣っていてもチームでまとまって協力し合った方が結果的には成績が上がる

組織の強みとは、1+1が4にも5にもなること。1人のエースがいるよりも、多少1人ひとりの能力が劣っていてもチームでまとまって協力し合った方が結果的には成績が上がる。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の企業理念では「いかなる時代環境においても利益を出せる仕組みを確立すること」を謳(うた)っています。過去を振り返っても、不動産バブルや金融バブル後の不景気の時に業績を上げています。

大山健太郎の名言|いかなる時代環境においても利益を出せる仕組みを確立する


何をすればお客さんが喜んでくれるかを常に頭に置いて仕事を続けてきた。

正垣泰彦の名言|何をすればお客さんが喜んでくれるかを常に頭に置いて仕事を続けてきた


「五輪前に負けてよかった」そう思いました。自分の中にどこか甘さがあったのでしょう。あの負けは、自分の意識を変えてくれました。精神的にも強くなれたし、技術的にも進歩できました。連勝中なら絶対にそんなことしないでしょうけど、初心に戻って練習に打ち込みました。
【覚書き|北京五輪直前のワールドカップで敗北し、連勝記録が119勝で止まったときを振り返っての発言】

吉田沙保里の名言|負けることで学ぶ


走り幅跳びにたとえるなら、パラダイムシフトは踏切のジャンプだ。確かにジャンプは重要だけど、パラダイムシフトばかりを強調するのは、ジャンプの練習しかしない幅跳びの選手のようなものだと思う。ジャンプの前には助走がある。助走の練習を怠れば、どんなにジャンプが完璧でもいい記録は出せないはずなのだ。地道な改善の積み重ねによる知の集積があって初めてパラダイムシフトが起きる。

三木谷浩史の名言・格言|パラダイムシフトは日々の地道な改善の積み重ねなしに生まれない


舞台という空間はお客様を元気づけることができます。家庭に問題を抱えたお客様が、「約3時間の上演時間だけは現実を忘れられる」と宝塚時代にお話ししてくださったことがあります。舞台に立つことには、お客様の人生に影響を与えるという、重要な役割があるのです。そうした役割を果たせるような舞台をこれからも作っていきたいと思っています。

高汐巴の名言|舞台に立つことには、お客様の人生に影響を与えるという、重要な役割がある


「ニュースソースを信頼できる一カ所に絞り込み、あとは一切みない」というのも、情報ダイエットの鉄則です。

堀正岳の名言|ニュースソースを絞り込むことの大切さ


歳を取ると慢心しやすくなる。緊張感を維持し続け、自分を厳しく節制し、成長させようという努力は、体力、気力がないとなかなかできない。40代半ばを過ぎると、どうしても緊張が緩んできます。それまでに自分のやり方がうまくいっていれば、このままでいいと考えるようになる。

守屋淳の名言|歳を取ると慢心しやすくなる


語彙力を高めるために自分が良い文章だと思う小説や、好きな作家のエッセイなどを、入浴しながら3~5分間音読する習慣を持つといいでしょう。口で発して日本語の響きを耳で感じられる音読は、言葉が記憶に定着しやすい。

山口謠司の名言|音読で語彙力を高める


20代でラジオのパーソナリティを務め、毎回大物ミュージシャンをインタビューしていたころは、緊張と失敗の連続でした。あまりにうまくいかないので、あるとき「120%の力を出そうとするからいけないんだ。どうせうまくやれないんだから、もう80%でいいや」と割り切ったのです。すると、とたんに生放送で緊張することがなくなり、「なんで突然できるようになったの?」とスタッフに驚かれるくらいになりました。

おちまさとの名言|リラックスして実力を発揮できるように割り切ることの大切さ


数字に弱い社長は、会社を潰す危険性も高い。まず数字に強くなること。決算書を十分に理解し、改善策が打てること、資金繰りを自分でできるようになること、損益分岐点売上高がいくらかを把握しておくこと、この投資は何年で回収できるのかを理解しておくこと、今の借入金は今年の税引後利益と減価償却費だと何年で返済できるのかを把握しておくこと。

鑄方貞了の名言|数字に弱い社長は、会社を潰す危険性も高い


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ