五島昇の名言・格言|事業は浮沈をかけた勝負

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業とは、最後は浮沈をかけた勝負である。
【覚書き:父、五島慶太の生き様から学んだ経営哲学について語った言葉】


五島慶太 五島昇 の経歴

五島慶太、ごとう・けいた。日本の経営者、官僚。東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。長野県出身。東京高等師範学校、東京帝国大学法学部を卒業後、農商務省と鉄道院で約9年間官僚として活動。その後退官し、武蔵電気鉄道専務、目黒蒲田電鉄専務、東京高速鉄道常務などを経たのち、東京横浜電鉄と目黒蒲田電鉄の社長となって実質的な経営権を獲得し、2社を合併し東京急行電鉄を発足させた。強引な事業手法から「強盗慶太」と呼ばれた。鉄道事業で優れた経営を行い同社を急成長させた。そのほか、運輸通信大臣、学校法人五島育英会理事長などを務めた。 五島昇、ごとうのぼる、東急社長・会長、在任中に東急ホテル・東急エージェンシー・東急百貨店・東急ハンズなどグループ主要企業を立ち上げる。日本商工会議所会頭。五島慶太(運輸通信大臣)を父に持つ

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分から本物になろうという訓練が出来ていないと目先の利益にとらわれてしまう。最近政治家、経営者の中に利に世話しすぎる人が目立ちます。

私がここに戻ってから、当社を呑み込もうとする連中がいなくなった。どんな味がするのかと恐れているのだと思う。

私の仕事は、顧客の売上げを伸ばすことで、顧客の利益を奪うことではない。

サービス産業というのは人がすべてであり、人を管理するということは不可能だと思います。髪の色や長さなど、軽いルールはありますが、僕が言う必要はないんです。そういう表面的なことよりも、もっと大事なことがあると思います。重要なのは、内面、つまり心です。せっかく子供に関わる仕事をしているのですから内面を大事にしたいんです。仕事に関わらず、何でも一生懸命に心を込めてやれば気持ちは必ず伝わる。そんなに難しいことではないはずです。

サラリーマンは人事で人生が決まっちゃうから怖い。その意味では、人事考課を間違える人は上に立つ資格がないと思います。しかし、結局は一人でなくみんなが見ている。だから最終的にはダマカシがきかない。ダマカシがきく会社はもう駄目だ。

余儀なくされる前に、改革せよ。

判断は人間の首から上の作業でよいが決断は違います。全身全霊からのアクションです。

いったん譲歩に同意したら、決してそれをキャンセルして元に戻すことはできない。

最悪の事態に遭遇した場合、いくらクヨクヨしても始まらない。起きてしまったことは、元に戻らないのだから、そこを出発点として頑張っていくしかない。さいわい社員が全力投球で頑張ってくれ、ユーザーの方も冷静に対処していただいたおかげで予想の三百億円を大きく下回る六千万円の損で済んだ。

プレイステーションはDVDプレーヤーでもありますから、DVDプレーヤーとしては価値があると思うんです。でも、ゲーム機としては問題がある。ソフトが作りにくいんですね。やっぱりハードは、ソフト屋がソフトを作りやすいハードを設計しないとだめなんですよ。作りにくいハードを設計したら、ソフト屋もコストアップになるし、思うことはなかなかできない状態になってきますから、それはものすごくソフト屋にとってはマイナスですね。

ページの先頭へ