山田勝次の名言・格言|ハードの基礎の上にソフトを作る

ハードが基礎にあって、それでソフトができる。ソフトだけやってればいいとなると、何か危ない感じがする。

山田勝次 の経歴

山田勝次、やまだ・かつじ。東陶機器社長。旧制長崎高等商業学校(現:長崎大学経済学部)卒業後、東陶機器(のちのTOTO)に入社。経理・営業畑の役職を歴任し社長・会長を務めた。東陶を国際化し、総合住宅機器大手メーカーへ成長させることに貢献した経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

細かいことを一々話している暇はないから、とりあえず小切手だけ渡しておこう。
【覚書き|上記の発言はGoogleがまだデモ版だったころ、当時大学生だったグーグル創業者の一人ラリー・ページに言った言葉。ベクトルシャイムはGoogleのデモを見てその場で10万ドルの小切手を切った。のちにその投資から大きなリターンを得ることになる】

アンディ・ベクトルシャイムの名言・格言|直観に従い金を払う


勢いに乗るコツを掴むのはむつかしい。それは運をひっぱってくることだ。世の中には、今日いえば悪い結果をもたらすが、明日いえば、うまくいく、といった何かがある。この運をうまくつかまえるパターンはないが、だから、企業経営は面白いともいえる。リコーは振幅は大きいがついている会社だ。トップというのは運をひっぱってこなければダメだと思う。

大植武士の名言格言|トップに必要な勝負運


君たちは飲食業界を5年10年経験しているかもしれない。でも俺は、もっと長い年月、客の達人として生きてきた。君たちはレストランの達人になりかけているかもしれないけど、俺はもうすでに客の達人なんだ。だから俺の意見を聞けよ。【覚書:上記はスタッフが前に働いていた店のやり方や、普通レベルの仕事をしたことに対しての発言】

高橋滋の名言 格言|ベテラン中途採用者へも臆せず意思を伝える


経営者にとって必要なことは、自分が興味を持ち続けること、気付き続けること。経営では一つの現象が起きたら、それで終わりではなく、その後ろには何が隠されているのか、そのもとが何なのかということを見極めていかなくてはいけません。そのためには、経営者自ら気づき続けていないとだめですね。

浅野秀則の名言 格言|経営者に必要な問題の後ろにあるものを読む力


私はビール業界素人だから人に聞くのが一番だということで、厚かましくもまずライバル会社のキリンビールの小西秀次会長や山本英世社長のところに行って、「ビールには何が一番大事なんですか」と聞いてみました。すると、小西さんは即座に「品質第一」と答えてくださった。そこで、「品質第一の根本は何ですか」と聞いてみたら、「それは原材料に金を惜しまないこと」とおっしゃる。そして今度は、サッポロビールにも出かけてみた。

樋口廣太郎の名言_格言|わからないことがあったら、ライバル会社のトップに聞きに行け


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ