落合信彦の名言|ポイントは動機付けにある

英語を学ぶときのポイントは、どうして英語を身につけたいのか、その動機付けにあると思う。オレの場合は、アメリカに行きたいというはっきりとした目標があったから必死になれたが、「六本木のバーで外国人とちょっとした日常会話ができればいい」というぐらいの思いでは、当然、たいした英語は身につかないだろう。

落合信彦 の経歴

落合信彦、おちあい・のぶひこ。日本のジャーナリスト、小説家。東京市出身。オルブライト大学卒業、テンプル大学大学院中退。フリージャーナリスト、小説家として活躍。著書多数。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は16歳の時から、日記を書き続けています。今日まで25年以上、いくつもの挫折を乗り越えられたのは、たとえうまくいかない時でも、「去年の自分よりは成長している」などと確認できたからだと思っています。

石田宏樹の名言|日記を書く利点


祖父(初代松永安左エ門)は朝早く、家人や雇い人の手を煩わさずにお釜の下を炊いていた。積極的な活動家、創意の人で一代でかなりの産をなした。青年、壮年期に私が次々と事業に着手したのも、祖父の流儀を見習ったものだ。私のころとはただ経済の環境が異なっていたにすぎない。

松永安左エ門の名言|初代安左エ門の生活態度から学んだ事業哲学


株主は我々を相対的に評価してくれる極めて重要なステークホルダーなのですが、コマツの企業価値を作る人たちではない。業績を上げ、株価を上げて、配当を増やしてほしいと思っているけど、いつでも株を売却できるのです。一方で、企業価値を作るのは、我々経営者であり、社員であり、協力企業です。我々は簡単には逃げ出せない。さらに、もっと大事なのは、お客様です。お客様はコマツの企業価値を評価してくれるとともに、企業価値を我々と共に作る存在だからです。結局企業は顧客価値を高めるビジネスを行い、頂いた売り上げ、利益を他のステークホルダーに分配しているわけです。

坂根正弘の名言|企業は顧客価値を高めるビジネスを行い、頂いた売り上げ、利益を他のステークホルダーに分配している


当社は、いち早く「遅くまで仕事をする現場に未来はない」と、残業削減にも力を入れてきた。

阿部俊則の名言|遅くまで仕事をする現場に未来はない


親会社ベクトルの上場を後押ししてくれた方から「魚は頭から腐るものなんだよ」と言われ、ハッとしました。組織はトップから腐る。上場ゴールが起きるのもトップの責任だと改めて考えさせられました。

山口拓己の名言|上場ゴールが起きるのもトップの責任


道楽は、初めから楽をすることではない。すべての道楽は苦労がないことはないのだが、その苦労を楽しみと感じられるように変質させ得るのが、道楽なのである。

曽野綾子の名言|苦労を楽しみと感じられるように変質させ得るのが道楽


限られた時間を投資するという前提で人生を計画した場合、投資のパフォーマンスは何で決まるかというと、1個1個の案件の成果ではなく、タイミングの良し悪しでもなく、実は長い目で見たらポートフォリオで決まります。配分の割合で勝負がほとんどついている。個別の案件がうまくいったりいかなかったりしても、長期で見れば平均的にならされてしまうので、全体としてどこにどういう割合で投資したのかが大きく効いてきます。

瀧本哲史の名言|長い目で見たらポートフォリオで決まる


人間は「人の間」と書くように、円滑なコミュニケーションには「間」が大事です。メールにおける行間の間、相手のプライベートに立ち入りすぎない間。この「間」を理解していれば、会う前の第一印象のみならず、ビジネスのあらゆる場面で成功できるでしょう。

臼井由妃の名言|円滑なコミュニケーションには「間」が大事


千代田化工建設の社長就任は、三菱商事の中南米統括として駐在中だったブラジルで、電話連絡を受けて知りました。以前インフラ事業本部長だった頃、慣例として千代田化工の社外取締役を務めたことはありますが、予想外の展開に大変驚きました。会社が大変な時期だと聞き、私ができることは何でもやろうと決意しました。

山東理二の名言|会社が大変な時期だと聞き、私ができることは何でもやろうと決意した


どんなに正しいことでも、初めてのことを世に広めるには大変なエネルギーがいる。

白石徳生の名言|どんなに正しいことでも、初めてのことを世に広めるには大変なエネルギーがいる。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ