高橋恭介の名言|他人事と考えてはいけない

「自分の会社の常識は、世の中の非常識」ということは多々ありますが、その最たるものが時間管理。どんな会社も、自分たちでは気付かないけれど独自の習慣を持っている。一連の(電通過労死問題)報道や動きを他人事と考えてはいけない。

高橋恭介(経営者) の経歴

高橋恭介、たかはし・きょうすけ。日本の経営者。人事評価支援サービスの「あしたのチーム」社長。千葉県出身。東洋大学経営学部卒業後、興銀リース、プリモ・ジャパン副社長・台湾子会社代表を経てあしたのチームを設立。著書に『社員を大切にする会社の人事評価』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。

ドナルド・トランプの名言格言、心配するのは時間の無駄


どんな忙人にでも、寸陰というものはある。ちょっとした時間というものは必ずある。そのちょっとした時間をつかむのです。これに熟練をすれば、案外時間というものはあるものです。寸陰を惜しんでやっていると、その寸陰が、長い時間と同じ、あるいはそれ以上の値打ちを生じてくる。

安岡正篤の名言|ちょっとした時間を有効に使うことの重要性


今日という一日は、明日と呼ばれる日の二日分の価値がある。

ベンジャミン・フランクリンの名言・格言|今日一日は明日二日分と同じ価値がある


時間管理というのは、自分の活動を納得のいく形で管理できればいいのです。私は2週間ごとに「やるべきこと」「暇をみてやること」を仕事とプライベートに分けてA4の紙にまとめたライフバランスシートをつくります。そしてこれを見ながら、2、3日前からその日の予定を固めていきます。

上山信一の名言|時間管理は自分の活動を納得のいく形で管理できればいい


倦怠は人生最大の病である。人は絶えず人生の短いことを嘆くが、その実、人生は長すぎる。なぜなら、人は人生の使い道を知らないからである。

アルフレッド・ヴィニーの名言・格言|人生は短く長い


私が東大の修士課程を修了後、放射線科学の勉強をしに留学したイスラエルにはシャバットと呼ばれるユダヤ教の安息日があり、毎週金曜日の日没から土曜日の日没まで、人々は一切の労働をせずに過ごしていました。安息日は宗教上の理由とは別に、時間管理の視点から見ると、精神を活性化するための人間の知恵ではないかと思います。というのも、安息日モードのときほど、いろいろなアイデアがひらめくからです。

小林喜光の名言|安息日をつくる時間管理上のメリット


社長業は部下からたびたび判断を求められます。サッカーでは、自分たちから動くのではなく、相手の動きに合わせて対応するプレースタイルを「リアクションサッカー」といいますが、そんな状況でした。組織のペースにあわせていると、それだけで一週間が埋まってしまう。これでは社長として生み出せる付加価値が少なすぎると思い、最近ではこちらから動いて予定を組むようにしています。自分がボールを持っている時間をつくるように意識しないと、「考える時間」は確保できません。

宮坂学の名言|時間管理の基本は自分から動くこと


結局、時間管理で大事なのは、その人が24時間をどう活かしきるかです。ポイントは大きな時間の確保と、細切れ時間の活用です。あとは、その人にとって最適な方法で段取りすればよいのです。

西村晃の名言|時間管理の2つの秘訣


人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない。

ダニエル・カーネマンの名言|時間こそ限りある資源


時間管理の下手な人は、時間の見積もりをしないまま「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と仕事を抱え込んでしまうので、「とにかく忙しい」「時間がない」と時間に追われることになります。そして、期日に遅れるまで「遅れる」ことが予測できないので、結局は仕事のいくつかを期日に間に合わせることができなくなってしまうのです。

戸田覚の名言|時間管理が下手な人の問題点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ