桑野祐一郎の名言|経営者に求められること

経営者は財務やITのスペシャリストではありませんが、これらを正しく認識して総合的かつ適切な経営判断を下さなくてはならない。

桑野祐一郎 の経歴

桑野祐一郎、くわの・ゆういちろう。日本の経営者。「キリバ・ジャパン」社長。大学卒業後、IT系企業などを経てキリバ・ジャパンに入社。同社社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分のためではなく、人のためになら頑張れる。そんな優しさを私は母から学びました。母は、我慢の人で、子供たちの世話や父の世話など、自分の人生を人のために尽くして生きてきた人でした。

村山静江の名言|自分のためではなく、人のためになら頑張れる


哲学をやっていて結婚するのは間違っているという意見もあります。確かに妻がいなくても私は生活できます。でもね、妻と子供がいたから、人生が豊かになったとも言える。自分が一番わがままな人間だと思っていましたが、妻と出会って私の次にわがままな存在を知りましたから。

中島義道の名言|妻と子供がいたから、人生が豊かになったとも言える


最初にガツンと怒らないと、部下は自覚しません。言葉は悪いですが、犬や猫と一緒です。言わずに我慢して、我慢して、最後に注意しても、「だったらもっと早く言ってくれればよかったのに」などと平気で言うのが失敗すると「逃げる」タイプの部下の典型なのです。

内田和俊の名言・格言|部下には我慢せずに言いたいことを言うこと


真面目な努力に加え、意義も大切です。何のために会社はあるのか、社会的貢献など、考え方や目標がしっかりしていないと長続きしません。

澤田秀雄の名言|考え方や目標がしっかりしていないと長続きしない


どの仕事でもそうだと思いますが、自分一人で完結するものではなく、いろんな人が関わり、関係性の中から生まれる。とくにビジネスマンにとって上司の存在というのは大きい。味方につけておけば仕事をする上で損することはないはず。

久保田崇の名言|上司を味方につけておけば仕事をする上で損することはないはず


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ