茂木友三郎の名言|愛される会社であるには

「よき企業市民である」ということ。これが伝わっているからこそ、愛される会社であることができる。

茂木友三郎 の経歴

茂木友三郎、もぎ・ゆうざぶろう。日本の経営者。調味料メーカー大手のキッコーマンの社長。千葉県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、一族が経営していた野田醤油(現:キッコーマン)に入社。その後、コロンビア大学ビジネススクールへ留学しMBA取得。米国での醤油の製造販売に尽力した。同社の海外事業部長を経て社長・会長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プロジェクトメンバー選定の基準は、相対的な優秀さではなく、絶対的なスキルの有無でなければならない。該当者が社内にいないのであれば、社外から人的リソースを確保すればいい。

自分がこれをやりたいと思うなら、それが実現できるかどうかは、それほど重要ではありません。なぜなら、どう頑張っても無理なことは、人は最初からやりたいと思わないからです。疾走するダンプカーを、自分の力で止めたいと本気で考える人は、まあいないでしょう。でも、のろのろ近づいてくる軽自動車を身体を張って停車させるというレベルなら、目標に据えている人がいてもおかしくありません。要するに、それをやりたいと思った時点で、実現の可能性はあると、無意識のうちに判断しているのです。

成長が終わるということは、言ってみれば今までの方法が通用しなくなるということです。だから私はこれまでのモノ作り・開発や売り方ではなくて、「こんなものがあったら」という、未来を起点にした発想で経営を作り直そうと言い出したのですが、なかなか理解されませんでした。

本音を言わない人には、タイミングを計ってアプローチをするのもいいでしょう。機嫌のよいときに話をすると、思いのほか、相手との距離を縮めることができたりします。

社員を採用する際、どこまで頑張れるか。まずはこれを必ず見ます。もうひとつは価値ある仕事をしたいかどうかということです。高い給料をひたすら求めるのではなく、世の中に価値の高い仕事を提供したい、クライアントや社会のためになる仕事をしたいという気持ちの強い人を採用したいのです。

会社に勤め続けるのであれば、会社から求められているスキルをきちんと身につけるべきです。もしどうしてもその仕事が嫌なら、違う分野で通用する人間になるために、それこそ勉強が必要となります。

人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。

私は引っ込み思案な性格でもできるような話し方を自分なりに研究して、実践してきました。そのおかげか、次第に営業の場で話すのが怖くなくなってきました。話し方に工夫をしていなかったら、営業の仕事で成績を残すことはもちろん、いま行っている活動にたくさんの方から協力をいただくこともできなかったと思います。

男性だけが活躍する社会は国力の半分を無駄にしている。

カーデザイナーを目指したきっかけはとても単純なんです。僕は子供のころ劣等生で、勉強もできないし、スポーツもできない、大勢でワイワイ遊ぶのも苦手。自分の内面に閉じこもる癖のある少年だったのです。でもそのためか、自分が何を好きなのかは、よくわかっていました。高校の卒業が近づき、進路を選択しなければならない際には、「クルマと美術が好き。だから、クルマのデザインをする人になろう!」と迷うことなく、カーデザインの専門学校への進学を決めました。

ページの先頭へ