樋口星覚の名言|生命活動の一つひとつを丁寧にすることで心が整う

仏教というと、お経や仏像が大事だと思われがちですが、禅寺で最も大事にしているのは、食べる、寝る、トイレ、風呂といった生活の作法なのです。「おなら道」という言葉があります。おならをするのにも作法があるというわけです。考えてみると、たかだか数百年のビジネスの歴史より、おならの歴史の方がはるかに長い。そうした生命活動の一つひとつを丁寧にすることで、最終的に心が整います。

樋口星覚(樋口星太郎) の経歴

樋口星覚、ひぐち・せいがく(樋口星太郎、ひぐち・せいたろう)。日本の僧(曹洞宗)、俳優。シンガポール出身。慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、曹洞宗大本山永平寺で修行。その後、国内外で雲水として禅の普及活動を行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当に理解しあえる信頼関係を築ける雑談力が、一流の営業マンにとってのいい話し方なのです。話が弾むときは、とりとめのない会話でも、その場にいることが楽しくて仕方がないはずです。心の深いところでつながっているからこそ、あなたから買いたいと思うのです。

リピートや紹介のチャンスが増えることも見逃せない。案件数が少ない成熟市場では、新規案件に多くの営業担当者が殺到する。数多くの候補者の中から取引先を選ぶのは、顧客にとっても大きな負担になる。そのため新規取引先をシャットアウトして、付き合いのある営業担当者とだけ話をする顧客も少なくない。顧客との関係性が強固になるほど、次の案件を紹介されたり、他の部門を紹介してもらえる可能性が高くなる。

ハウステンボスは売上が2割増えて、経費が2割下がって、結果として黒字になったわけですから、それは従業員に還元します。なにせここ何年もボーナスを出せない会社でしたから、それではモチベーションも上がらないでしょう。去年の12月には、ボーナスとまではいかずとも一時金を出しましたし、今年の夏はもう少し多く出しました。自分たちでがんばったら、もらえるものも増えると分かれば、モチベーションは上がると思います。将来的には給料も上げたいと思っています。

トップが工場に行くべきだ。その方が現場の状況を把握できるし、アイデアも浮かぶ。僕は社長時代、4割は東京を留守にしていた。

視聴者には様々な世代の人がいますから、誰に対してでも伝わりやすい「シンプルな表現」で伝えるようにもしています。シンプルな表現とは、いわゆる普通の会話で出てくる言葉です。家族や友達に「この間、面白いことがあったんだ」と話す時のように、「自分が感じたことをそのまま素直に伝えるだけでいい」と考えています。

アイデアは意図的に手に入れるものではなく、自然と降りてくるもの。まず、ひらめきという化学反応を起こすべく、環境を整えることから始めてほしい。

私はこれまで、2000人以上のトップ営業へのインタビューを通してその成功要因を抽出してきました。それを理論化し、様々な企業にアドバイスさせていただいているのですが、最も重要なステップが事前準備だと強調しています。商談の成否を決める要素の八割は事前準備の段階で形成されるといっても過言ではないのです。

私は大学時代、オペレーションズリサーチを学びました。もともとアメリカで生まれ、どうしたら戦争に勝てるのか、つまり、どうすれば目標を達成できるのかを研究する学問です。戦争の目標は勝つこと。ビジネスも最初に目標を決めて勝つことが大事なのです。

我々は変化を見込んで供給体制、事業のあり方そのものを変えてきました。従来の沿岸大型プラントから小型プラントへ。これは物流とユーザーの変化を見て、事業の戦略を変えていったというところがポイントです。

本は最初から読み始めるが、ビジネスは逆だ。最後からはじめて、そこに達するためにしなければならないことをするのだ。

ページの先頭へ