枡野俊明の名言|没頭することが、成果に結びつく

今やらなければならないことに没頭することが、成果に結びつく。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が初めて配属された売り場の上司に学んだのは、百貨店ではどんな役職に就こうと、どんな理屈を言おうと、売上げを立てられない人間の言葉には説得力がないということでした。

30代後半になったら、自分の実績を形にする努力をしましょう。チームの一員として埋没しないでアピールする場を持つのです。

商品開発には、上質さを追求する方向性と、値段の安さなど、手軽さを追求する方向性があります。上質さと手軽さはトレードオフの関係に見えます。トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。上質さか、手軽さかのトレードオフの場合、上質さなら上質一辺倒ではなく、そのなかにどれだけ手軽さをちりばめるか、逆に手軽さなら手軽さ一辺倒ではなく、どれだけ上質さをちりばめるか、そこに価値が生まれます。ポイントは上質さと手軽さという二つの座標軸で考え、手つかずの「空白地帯」を見つけることです。すると、どこにもない商品が生まれます。

非常に重要なことは、どこまでお客様の事業を深掘りして理解しているのかということ。

お客様や従業員に幸せになっていただくことが、私の一番の幸せです。

人と打ち解けるには、相手を尊重する気持ちが前提です。馴れ馴れしくならないだろうかと心配する気持ちのある人は、いまより相手の方へ一歩二歩踏み込んでも、まず馴れ馴れしくはなりません。それよりも、自分は人間関係が得意だと思っている人の方が危険ですね。

国内メーカーも1年か2年ほどのギャップで追いついてきた。かくて日本は世界最大のトランジスター製造国になったのは良いが、たちまち乱売がはじまり、トランジスターラジオの安値競争は世界的に有名になって値段はどんどん下落した。新しいマーケットを開拓する努力をせず、他人の築いたマーケットに割り込み、ただ値段を崩すだけしか能がない典型的な日本商法を嫌というほど知らされた。
【覚書き|トランジスタラジオを開発し、海外市場を開拓して大きな利益を得た当時を振り返っての発言】

どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。

たとえネガティブなものでも、感情自体を否定してはいけません。たとえば怒りは人を楽観的にする効果があります。怒っているときに力の差のある相手にも向かっていけるのは、怒りで脳が楽観的になっているからです。また、不安は人を悲観的にさせますが、そのぶんロジカルな思考が浮かびやすくなります。こうしたネガティブな感情を無理に抑え込むのではなく、自在にコントロールしてクリエーティブな方向に活用できるようになるのが観察瞑想のメリットです。

世間や会社からはみ出したって、別に死ぬわけじゃない。明るく楽しく生きていこうぜ!

ページの先頭へ