坂信弥の名言・格言|諦めず最善を尽くせば陽の目を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

いかなる場合でも、あきらめずに最善を尽くしていれば、いずれは陽の目を見る。それを自分の力だけでそうなったのだと思ったら、その人間はすぐ奈落の底へ落ちてしまう。


坂信弥 の経歴

坂信弥、さか・のぶよし。日本の経営者、警察官僚。大商証券の社長、警視総監。大阪出身。旧制中学卒業後、堺税務署に2年勤務し旧制高校に進学。東京大学卒業後、内務省入省。茨城県警警部、長野県警警務課長、滋賀県警警務課長、京都県警警務部長兼保安課長、内務省の北海道土木部総務課長、奈良県経済部長、鹿児島県警部長、上海領事館領事・上海警察部長、警視庁官房主事、大阪府警察部長、警視総監を務めた。その後、大阪商事(のちの大商証券)に入社し社長・相談役。そのほか富山県知事、農商務省農政局長、新日本証券相談役、日本粉食協会理事長なども務めた経営者

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間の最高の美徳は、忍耐である。

ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。

私の人生を変えられるのは私だけ。誰も私のためにそんなことやってくれないわ。

わが観世座流に金言というべき一句がある。「初心忘するべからず」この句には三か条の口伝が付随している。ひとつは「是非によらず、修行を始めた頃の初心の芸を忘るべからず」ふたつめに「修行の各段階ごとに、それぞれの時期の初心の芸を忘るべからず」みっつめに「老後に及んだのちも、老境に入ったときの初心の芸を忘るべからず」

山では人にできないことが自分の力でできる。努力さえすれば、それ相応に得られるものがあるのだ。目標とするルートの困難さが大きければ大きいほど、可能性を期待する楽しみも大きい。

あなたは神の特別な創造物なのです。行いであれ、ものであれ、努力であれ、親切であれ、あなたが源となっている事柄には、何ごとも全力投球してください。お茶を濁すようなことがないよう。小さなことをおざなりにするのは、大成しない人や可もなく不可もない並みの人間だけです。

苦しんで強くなることが、いかに崇高なことであるかを知れ。

ページの先頭へ