西浦正親の名言|若者を支援するメリット

長崎県で学び、働く若者を支援することは、ひいては地域に根差して活動している私たちのビジネスの強化につながる。長期的視点に立てば、優秀な若者が定着して長崎に活力が生まれれば、おのずと地域に人が集まるようになります。そうなったとき、結果的に私たちのオフィスにもそれが採用という形で還元されると考えています。

西浦正親 の経歴

西浦正親、にしうら・まさちか。日本の経営者。「チューリッヒ保険会社」CEO(最高経営責任者)。奈良県出身。米サンノゼ州立大学卒業。日本モトローラ、アクサ損害保険などを経てチューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッドに入社。ダイレクト事業本部長、個人保険部門統括本部長などを経てチューリッヒ保険会社CEOを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は社長就任後、社員の意識改革に最も力を入れた。一番の問題はね、目先のことしか見えなくなっていたことなんですよ。競合に明け暮れ、ライバルメーカーの動向ばかりに目が向いてしまっていた。そして「お客様が何を求めているか」という、最も大切な視点をないがしろにしていた。それでは二度と浮き上がれるはずがないですよね。

梅原誠の名言|社員の意識改革に最も力を入れた


どうすれば、市場の変化に応じて機敏に動ける会社になれるか。企業にとってこれは永遠の課題でしょう。

戸田博道の名言|企業にとってこれは永遠の課題


共通理解による協力関係があってこそ、会社は組織として動き出す。

山下淳一郎の名言|共通理解による協力関係があってこそ、会社は組織として動き出す


「会社を永続的に成長させるにはどうすればいいか」と考え尽くして、1つの結論にたどり着きました。それは、「会社は何のために存在するのか。そのためにどんな行動を取るべきか」を定め、社員全員に共感・納得してもらうこと。

小泉文明の名言|会社を永続的に成長させるために必要なもの


2006年に当社も耐震強度不足問題に巻き込まれました。そこでいったん問題とされた構造設計士が関わった全ホテルの営業をストップし、確認が取れたところから順次営業を再開。これによってアパホテルに対するお客様の信用は一気に高まり、営業成績が伸びました。

元谷外志雄の名言|営業をストップして確認する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ