野々村健一の名言|個人としてプロジェクトに熱意を持てるかが最も大切

自己犠牲の精神が強い日本では、個人の自己実現というのは軽視されがち。しかし、売り上げ目標という考えを1回置き、個人としてプロジェクトに熱意を持てるかが最も大切。

野々村健一 の経歴

野々村健一、ののむら・けんいち。日本のビジネスデザイナー。慶應義塾大学卒業、米ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。トヨタ自動車海外営業・商品企画などを経てIDEO Tokyo立ち上げに参画。ディレクター、リードビジネスデザイナーを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私達が標榜しているのは「感動を生み出す生命保険会社」です。受け身でなく、能動的にお客様に働きかけて、お客様に「明治安田生命に加入していてよかった」と言っていただける会社になりたい。

根岸秋男の名言|受け身でなく、能動的にお客様に働きかける


当社はフィルム製造から完ぺき主義の文化が生まれました。しかし、デジタルカメラが急速に普及する中で、写真フィルム主体から医療などの成長分野への事業構造の転換を進めました。これからは変化の素早い対応や、スピード感のある挑戦、思い切った踏み込みが必要になります。現在、私に課せられた課題は企業文化の転換です。

古森重隆の名言・格言|企業文化を変えることがトップの課題


30代から40代っていう一番の働き盛りのときが一番大変でしたね。コンサートの数も半端じゃなかっただけに、喉を潰して、声が出ない時期もありましたから。それでもお客さんが来続けてくれて。僕はホント、お客さんをはじめ、人に守られていますよ。

さだまさしの名言|僕はホント、お客さんをはじめ、人に守られていますよ


最近の傾向として顕著なのは、「コンセプトブランディング」の増加だ。これは私の造語だが、企業名や商品名ではなく、一般用語をブランドとして訴求、定着させる手法だ。例えば、サントリーのハイボールは登録商標ではないが、ハイボールを広めることで、結果的にウイスキーの売り上げを伸ばすことに成功している。この背景には、押しつけがましいマーケティングのメッセージに対して消費者が抵抗感を持つようになってきたことがある。

田中洋の名言|押しつけがましいマーケティングのメッセージに対して消費者が抵抗感を持つようになってきた


何よりもまず、自分の仕事においてプロであることが大切です。仕事はできるだけひとつの分野を深くやること。その道を極めて、いい仕事ができるようになれば、周りの人からリスペクトされますし、「何かわからないことがあればあの人に聞こう」と頼られるでしょう。人に頼られると「これは頑張らなければならない」と、モチベーションが湧いてくるわけです。

藤巻健史の名言|仕事はできるだけひとつの分野を深くやること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ