品田英明の名言|まず自分を信頼してもらわないと先に進めない

まず自分を信頼してもらわないと先に進めない。社員一人ひとりと、納得がいくまで語り合った。

品田英明 の経歴

品田英明、しなだ・ひであき。日本の経営者。「味の素ゼネラルフーヅ(AGF)」社長。北海道出身。小樽商科大学商学部卒業後、味の素に入社。味の素冷凍食品取締役、味の素加工食品部長、取締役食品事業本部長、常務、専務などを経てAGF社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

普通の人の感覚を失ったら、投資家は駄目になる。


実業とは、虚業に対し、真面目に働く者の仕事の総称である。しかも、実業には、一種の強い、勤勉にして真面目なる精神が伴うものである。


レッドクリフという映画をつくるときに最初に考えたのは、「東洋系」の情感や精神文化というものをいかに世界の人々に伝えられるか、ということでした。100億円という製作費を投じた映画ですから世界的な市場が必要になります。そこで、構想段階から、史実にこだわらないで映画的なアングルからわかりやすいストーリーの三国志を撮ろうと考えました。中国の歴史や三国志の登場人物を知らない西欧の観客もひとつの物語として楽しめる映画にしたかったのです。


問題解決の基本は疑問を持つこと。この結論が最善の結論だというところを疑ってみる。そうすると問題解決の糸口が見えてくる。


話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば人は育たず。


「仏つくって魂入れず」という言葉がありますが、自社のコンプライアンス活動が、単なる義理や建前で行なわれている状態になっていないか、今一度よく考えてみることが大事。


リストラで大切なのは、全社を挙げてリストラに集中すること。それから、担当者がプロジェクトの意義をよく理解し、反対勢力や抵抗勢力に飛び込んでいくことです。裸になって話をするということです。


大局の誤りは、小局の努力によってカバーすることはできない。


私も夫も若いころは貧しかった。お金以外のところでつながっているからこそ、ずっと一緒に頑張ってこられたのです。


効果的に記憶を定着させるには、人に説明するといい。聞き手がいないときは架空の人物を思い浮かべて、その人に対して声を出して説明するのがおすすめ。目の前に人はいなくても「声を出して説明した」という経験で記憶が強化される。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ