江夏豊の名言・格言|プロは何が何でも勝たなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

わしらはプロや。素人やない。ただひとつ。勝つことや。アマチュアなら正々堂々とかキレイごとを言っておれるし、またそれはそれで尊いことやと思う。だけど、プロは何が何でも勝つことや。卑怯とののしられようが、うしろから敵に斬りこんでいって背中に一太刀浴びせたって構わんとわしは思う。わしらはプロフェッショナルなんやから。


江夏豊 の経歴

江夏豊、えなつ・ゆたか。プロ野球選手(投手)。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道。

練習を楽しみ、技の開発を楽しみ、試合を楽しむ。この三つは同じくらい大切なことです。

チームコンダクター(指導者)って言うのはいつも顔色をよくしとかんといけないのです。コンダクターが暗い顔でいたんじゃしょうがない。体調を良くしていつも元気いっぱいなところを見せないと選手はついてこないし、チームも元気がなくなるもんです。

長期的な成功というのは、そこに至るまでの過程での小さな勝利の積み重ねの結果であり、絶えず進歩を追い求めていけば、小さな成功が大きな成功と目標の達成につながる。

若くして流さぬ汗は、年老いて涙となる。

スポーツは、まさに人生そのものだ。努力した分だけ自分に返ってくる。

「俺にしかできないもの」「誰もやれなかった何か」をなし遂げたいという意欲。俺はそれを誇りにしている。
【覚書き:ケガをする可能性の高い盗塁というプレーにこだわる理由を尋ねられたときの返答】

ページの先頭へ