江夏豊の名言・格言|勝つことをモットーにする

わしらはいつも勝つことをモットーにギリギリの修羅場を今日まで歩んできた。気がついてみたら、いつの間にかかなりの高給取りになっとった。昔、大丸工業の草野球で、2、3千円儲けては嬉々としてはしゃぎまわり、串カツをたらふく食うことを無上の快楽と心得ていた貧乏少年のわしがや。勝ってきたからや。

江夏豊 の経歴

江夏豊、えなつ・ゆたか。プロ野球選手(投手)。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ハピロボでは人を楽にするロボットはつくらない。その人の潜在的な力を導きだすのがハピロボの仕事。自動操縦なんて興味がわきません。自動でやってしまったら運転する能力が退化してしまう。つまらない仕事はロボットにやってもらい、人間はもっとクリエイティブなことに集中して力を発揮する。コピペしないで自分で考えて行動する。これが大切です。

当社は、専門店の方々と共に考え、実践し、共有し、学び、売り上げを伸ばしていくネットワークができるようお手伝いしたいと考えています。店舗同士がつながってネットワーク化できれば、大きな力になります。

急いでぐじゃぐじゃにしてしまうよりも、はっきりした立ち位置を決めて、足りないピースを埋めつつ、重複したところは整理しながら、全体の絵を描いていきます。

ディズニーランドにお客様をお呼びするということは、自分の家に親しい大切なお客様をお呼びするのと同じです。そのコミュニケーションから、楽しさが始まります。

一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。

集中力を研ぎ澄ますことで、不安や迷いといった雑念をふり払い、目の前の事態に向き合いやすくなります。

結局、自分の失敗で強く記憶に残っているものは、「これが上手くいかなかった」という類ではありません。「なぜあのタイミングであの事業にもっと力を入れなかったのか」という、「やらなかった失敗」の方なんですよね。

ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。

小説を書いてよかったのは、映画にしかできないことに自覚的になれたことです。小説のテーマとも重なりますが、何かを逆説的に考えることで価値がわかる。小説を書いてみて、「映画にはまだこういう可能性がある」と気づけました。それがいい形で映画製作に還元できると思います。

いかに労せず、してお金を生むか。人に協力してもらえるか。それにはブログやホームベージなどで訪問者を楽しませる仕掛けが重要。技術的なことより、そこを理解している人がこれからはお金持ちになっていくでしょう。

ページの先頭へ