カントの名言|いかなる場合にも人間性を手段として使用してはならない

君は、みずからの人格と他のすべての人格のうちに存在する人間性を、いつでも、同時に目的として使用しなければならず、いかなる場合にもたんに手段として使用してはならない。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

楽観というのは意思である。

自分にとっての幸せの価値を見失わず、いつもたおやかな心で生きていこうとすること。それが理想の人生に近づくための心がまえではないでしょうか。

時には嘘も方便。相手を傷つけないための嘘ならば、ある程度は許されると思います。言い訳も使い方次第ですね。上司に対していきなり言い訳から始めるのはダメな典型例ですが、「本当に申し訳ありません、言い訳になるのは重々承知しているのですが……」と前置きを入れれば、相手が抱く不快感はかなり減少します。

実はライフネット生命を設立する8年前頃にも、ネットで生命保険を販売するアイデアをかたちにしようと動いていたのですが、その時は時期尚早と判断し、断念しました。風がなければ、凧は揚げられませんからね。

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。

ヤマハらしさとは、「新しいコンセプトを作る」「究極の技術に挑戦する」「デザインを重視する」という3点です。この3つによって、お客様にワクワクするような感動をお届けする。それが我々の使命であり、こうしたヤマハらしさを体現した人材がリーダーとなっていくことによって、初めてグローバルにヤマハブランドを浸透させていくことが可能になるのです。

だいたいオフといっても、することないもん。僕の休日は1年に1日。1月2日だけ。元旦は「朝生」をやって、1日の夕方から家族とホテルへ行き、2日はお墓参りとお寺参り。もうそれで十分だよ。

ムダなものを切り捨てる「勘」が働かないと情報に振り回される。その「勘」を身につけるには経験を積み重ね、時に痛い思いをすることも必要だろう。

一度来てもらうだけでなく、何度も来てもらい、「定年後にはここに住みたい」と思ってもらえるまちにする。大事なのは観光活性化ではなくまちづくり。そのためには地域の人たちが自発的に「住みたいまち」にしなくてはいけない。ユニークな列車を走らせても、イベントを開いても意味はありません。

これまで「ビジネスに特化したサービス」という軸をブレさせることなくやって来たので、ユーザーは「用途や目的がわかり易い」と感じてくれているようです。デジタルサービスには流行り廃りがありますが、「何をしたいのか」「何を求めているのか」を明確にする「ユーザーファースト」の立ち位置を、評価していただいているのだと思います。

ページの先頭へ