俣野成敏の名言|ムダなことを「いかに有益にするか」

ムダなことを「いかに有益にするか」という発想も、時間管理には必要な考え方。

俣野成敏 の経歴

俣野成敏、またの・なるとし。日本の経営者。福岡県出身。大学卒業後、シチズン時計に入社。会社の赤字転落によって30歳でリストラ候補となる。一念発起して社内ベンチャー制度に応募し、小売業未経験でメーカー直販の在庫処分店を開業。同事業を年商14億円の無借金企業へと成長させる。その功績が認められ33歳で現役最年少役員に抜擢された。その後、40歳で最年少上級顧問に就任。同社を退職したのち複数の事業を経営している。著書に『プロフェッショナルサラリーマン リストラ予備軍から最年少役員に這い上がった男の仕事術』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ