ケリー・グリーソンの名言・格言|チャールズ・ディケンズの成功法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャールズ・ディケンズはこう言った。「時間厳守の習慣、秩序と勉強、一度に一つのことに集中するための決断力。それらがなければ、私はこれほどの業績を残せなかっただろう。」この言葉からは仕事にも人生にも成功したいと思った時に欠かせない重要な要素が多く読み取れる。時間厳守の習慣、秩序、勤勉、決断力、そして集中力。


ケリー・グリーソン の経歴

ケリー・グリーソン。アメリカの能力開発の権威。ビジネステクノロジー協会創設者。ビジネスの能率向上法について指導とトレーニングを行っている。また、仕事術に関する本は世界中で翻訳発売されロングセラーとなっている。主な著書に『なぜか、仕事が上手くいく人の習慣』など

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

カエルを二匹飲み込まなければいけないときは、大きいほうから飲み込むこと。それと、あまり長いあいだ見つめないことだ。

個人の時間管理を難しく考えすぎてはダメです。大切なのは、当たり前のことを当たり前にやることです。今週やるべきことをひとつ決めたら、きちんとそれをやって結果を出す。そうしたら翌週は次の仕事に集中できます。ひとつひとつの仕事を完成させて積み上げていくのが、最も効率のいいやり方です。

やることを誰よりもたくさん抱えていて、働く気のある人が、最もたくさんの時間を見出すことになる。

精神的な面からいえば、「幸せになりたい度」が強い人ほど、時間管理が上手な気がします。私が手帳に行動計画を記入するのも、予定をギュウギュウに詰め込んで忙しくしたいからではなく、自分をハッピーにしてあげたいからなんです。

人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない。

あと一時間しか生きられず、たった一人にしか電話ができないとしたら、誰に電話をかけて、何を言いますか?そしてあなたはなぜいま、それをしないのですか?

時間管理が上手くできない人は、そもそも時間の重要性を認識していないように感じます。ドラッカーも「ほとんどの人が、時間という代替できない必要不可欠にして特異な資源を当たり前のように使う」と述べています。大げさではなく、時間力を磨くことは、自分がどう生きて、どう幸せになりたいかを考えることにつながります。人生を充実させるためにも、貴重な資源の捉え方を見直してみてください。

ページの先頭へ