ケリー・グリーソンの名言・格言|「正しく決断する」より、「とにかく決断する」ことの方が重要

決断する行為そのものが、その決断が正しいかより重要。一般に、成功を収めた人たちは、決断にほとんど時間をかけず、その決断を変える時は時間をかける。決断が怖いという人は多い。決断したらそこから生まれる結果と、運命を共にすることになるからだ。私は、決断力のある人たちが間違った決断を下すのを見てきた。面白いことにそういう人たちは、自分たちの決断の目的とするところを最後には実現してしまうのだ。

ケリー・グリーソン の経歴

ケリー・グリーソン。アメリカの能力開発の権威。ビジネステクノロジー協会創設者。ビジネスの能率向上法について指導とトレーニングを行っている。また、仕事術に関する本は世界中で翻訳発売されロングセラーとなっている。主な著書に『なぜか、仕事が上手くいく人の習慣』など

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昔の人は言った。「夕食の客には教育ある人が良い。しかし砂漠では、教育のある人よりも何かのやり方を知っている人が必要だ。教育ある人間はいらない」。事実すでにアメリカの大学では、伝統的な教養人は、教育ある人間とさえ見なされなくなっている。そのような者は、趣味人として一段下に見られている。

ピーター・ドラッカーの名言・格言|一般教養はもはや意味をなさない


勉強していくうちにどういう経理のやり方が会社にとって有益なのかがわかってきましたし、東芝本社との経理のやり方の違いなど、気付くことが多かった。あの時学んだことが私のビジネスマンとしての方向性を決めたと今でも思っています。【覚書き:あの時とは東芝イラン現地法人の社長補佐をしていた当時、経理を独学で学んだ時代のこと】

西田厚聰の名言 格言|経理の勉強が私のビジネスマンとしての方向性を決めた


本を読まなかったので、自然自分で考えるようになった。本を読んでいたら仕事も人の後を追っかけているようなことが多い。考えて考えて考え抜くことが大事だ。【覚書き:知識も大切だが、考えることで生まれる知恵も大切だと説いた言葉】

出光佐三の名言・格言|本を読むより、考えて考えて考え抜くことが重要


物産では駆け出しの若僧にも結構一切任せて大きな商売をやらせていく。ところがサラリーマンにすぎぬ。このままでは自分も知れたものだ。トコトン自分を追いつめて自分の運命を試してみたい。
【覚書き:三井物産を飛び出してインキ製造開発の道に進んだ時を振り返っての言葉】

川村勝巳の名言・格言|サラリーマンの仕事には限界がある


向こうから勝手に入ってくる情報がある。社内の回覧とか、いまならメルマガとか。それをありがたがってるようじゃ駄目だ。勝手に向こうから入ってくる情報は、たいがい当てにならねえもんだってことは、知っといたほうがいい。ホントに貴重な情報ってのは、あらたまった場で出てくることはまずない。打ち合わせをしましょうなんてときは、その話に終始するもんだから、情報のポロリはないんだ。酒でも飲んでワイワイガヤガヤやってるときに、「そういえばちょっと耳に挟んだけどさ…」なんて極上な情報が出てくるわけさ。

岡野雅行の名言・格言|貴重な情報と当てにならない情報の見分け方


歳をとるにつれ、自分にとってのヒーローという存在を持つことが難しくなるが、多かれ少なかれそれは必要なことである。

ヘミングウェイの名言・格言|自分のヒーローを持て


キャリアは長期的なものであり、予想できないものだと言うことだ。まっすぐ順調に進むことはまずない。ジグザグと回り道をし、立ち止まっては動き、あまたの思いもかけないことに出会う。まじめに働く姿勢や能力は重要だが、運が果たす役割も大きい。ともかくスタートを切ることだ。あなたのためにあると思わせるような天職はいずれやってくる。

ジャック・ウェルチの名言_格言|天職を見つけ勝ち取る方法


従業員は自分が身につけている能力を商品として会社に販売し、その代価として給料をもらっています。商品に相当する能力が100人中40番以下であるなら、その人は低級品を売り込んでいることになります。当然給料も安い。

竹田陽一の名言・格言|給料が安い従業員は、自分という商品の品質向上を


なんとしても二階へ上がりたい。どうしても二階へ上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、決してハシゴは生まれない。

松下幸之助の名言 格言|なんとしても成し遂げるんだという気持ちが新発明を生み出す


職人の仕事はどんなものであれ、見よう見まねで体で覚えるのが一番。

原田福夫の名言格言|仕事を覚える最も的確な方法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ