田口佳史の名言|危機や有事に際して初めて、リーダーの存在意義が出てくる

円滑に物事が進んでいる時というのは、社長も要らぬ、総理も要らぬという状態。ところが、危機や有事に際して初めて、リーダーの存在意義が出てくる。リーダーたる者は、自分の出番がいつ来るかと待っているくらいじゃないと駄目。

田口佳史 の経歴

田口佳史、たぐち・よしふみ。老荘思想研究者、経営コンサルタント。「イメージプラン」社長。東京出身。一般社団法人「日本家庭教育協会」理事長、一般社団法人「東洋と西洋の知の融合研究所」理事長。著書に『タオ・マネジメント』『不変と先端・経営の道理』『人生尊重なき企業は滅びる』『ビジネス戦士のための幸福論』。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ