チャールズ・ガーフィールドの名言・格言|最高の成果を出す人は、イメージ・リハーサルを行っている

最高のパフォーマンスを披露した選手たちをインタビューしてわかったのは、みんな、練習の時も、実際の実際の競技の時も何らかの形で精神的なリハーサルを行っているということである。

チャールズ・ガーフィールド の経歴

チャールズ・ガーフィールド。米国の心理学者、ビジネストレーナー。生産性向上、能力開発などの研究と教育を行う。主な著書に『ピーク・パフォーマンス ベストを引き出す理論と方法』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんなに嫌な上司でも、8割くらいは服従している様子を見せていないと、その組織でやっていけません。自分の身を守りつつ、虎視眈々と自分の芽を出せる順番を待てばいいんです。男性は我慢していれば、いつかは順番が回ってきますから。とにかく中途半端が一番ダメです。能力がないのは問題外。変に自己を主張する人も嫌われます。

どの業界でも、顧客ニーズに合った良い商品やサービスを提供している会社が伸びると思います。レストランも美味しい料理を適正な価格で出すところが繁盛するはずで、金融も全く同じだと思います。

土日に仕事が入った場合、少しでもいいから遊びの時間を入れるようにしています。3時間空けて街まで出てぶらぶらするなどです。土日も働きづめでは疲れるだけなので次の週が乗りきれないでしょう?

鮨にかぎらず、商売は人と人のつながりで成り立っています。人をたどればたどるほど仕事に広がりや深みが出て、そのつながりの中で自分が鍛えられ、磨かれていきます。

実力以上の目標を無理して設定すべきではありません。マラソンでも実力が伴わないのにスピードを上げると、一時的には先頭に立てても必ず失速します。ただ、安全圏内に目標を設定しているかぎり成長はあり得ません。無理ではないが、これまでの限界を超えるレベルに目標を置いてみることが大切です。

家中の家来どもに対して、慈悲の心を忘れてはならない。『三略』にも、「民に慈悲が深ければ、手足のように服従するものである」とのべている。

直近だけでなく2~3カ月先まで予定を書き込んでおけば、先を見据えた管理ができる。

ただ、ボーッと過ごしているだけでは、人生の転機にはならないと考えています。だから、ひとつひとつの出来事や出会いと真剣に向き合う。目の前のことを楽しむ。そして、周囲の方のアドバイスにしっかり耳を傾けるようにしています。

後悔するような生き方はするな。いまの50代にはね、自分の人生を後悔している人間がいっぱいいるんだ。20代、30代ならできたのに、年を重ねるごとにもう変えられないということが人生には山ほどある。キミたちは、いまならまだ人生を変えられるんだ。自分の力で、自分のためにね。

まだまだ僕らは売れたとは思ってません。いまレギュラー番組がいくつあろうと、その先の保証なんか何もないですからね。次のクールで担当する番組が全部なくなる可能性もある。すぐにゼロになる世界ですよ。だからこそ、前に前に行かないと、とどまると危ないっていう恐怖心があります。

ページの先頭へ