ビル・マクナブの名言|コストは投資家自身がコントロールできる、数少ない要素の1つ

徹底してコスト削減にこだわっているのは、コストは投資家自身がコントロールできる、数少ない要素の1つだからです。例えば、政府の方針や相場の動きなどは自分でコントロールできませんが、コストはそれが可能です。今の市場環境では――特に債券は非常にリターンが低いので――(手数料などの)コストの違いは実質リターンの大きな違いにつながります。

ビル・マクナブ の経歴

ビル・マクナブ。アメリカの経営者。「ザ・バンガード・グループ・インク」会長CEO(最高経営責任者)。そのほか、米国投資信託協会会長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そもそも私たちはエンターテインメントの作り手です。私たち自身が楽しんでいなければ良い作品はできません。ある意味で、それは考え方次第です。だから私は、ことあるごとに「面白がって仕事をしよう」「もっとワクワク、ドキドキしよう」と、みんなの尻を叩いています。その成果、社員たちは一時期に比べて元気になったし、面白い会社になってきたと思います。

2枚目の名刺とは、お金と関係なく自分が本当に好きなことを本業と並行してする活動のこと。名刺を作るほど本気で社会活動するところが趣味と違うんです。まずは本業をきちんと持ちながらやるので2枚目の名刺では思い切ったチャレンジでき、それが成功へとつながります。また本業以外が充実することで、本業にも良い影響を与えるのです。

問題解決において大事なのは、才能ではありません。基本のロジックをおさえたら、何より大事なのは行動することです。問題を発見し、原因を追求するだけでなく、改善策を実行に移してこそ、本当の問題解決につながるのだということを忘れないでください。

今回の京都大学との協定は、組織対組織のいわば「横串」の連携という点では東京大学との連携と同様ですが、大学発ベンチャー企業とも連携するという、より踏み込んだ協力関係を目指したものとなっていますので、面白い連携が可能になると思います。

多様性を尊重することを突き詰めて考えると「自分の当たり前が当たり前でない人といかに向き合うか」ということ。つまり、自分と異なる人に対して「何で違うんだろう、嫌だな」ではなく「そういう考え方もあるんだな」と考え、それを取り入れていく。

事業を立ち上げる唯一の理由は、それを売ることだ。

武士たる者、七度主君を変えねば武士とは言えぬ。

猫や犬には大きな愛情を感じているのに、隣人の飢えは手助けをせずに放っておく人をしばしば目にする。

うちのレストランの味も、総料理長と総料理主幹と開発担当常務の3人に任せています。これで鉄壁ですよね。僕は試食にも参加しませんから。飲食業という名前の仕事の中で、毎日現場で戦っているスタッフたちを幸せにすること。僕はここだけに、集中するようにしているんです。

人を敬う気持ちというのは、サッカーでは時として邪魔になる。

ページの先頭へ