ビル・マクナブの名言|人間がどういう時にどういう行動をするのかという「本質」を理解することが大切

人間がどういう時にどういう行動をするのかという「本質」を理解することが大切。

ビル・マクナブ の経歴

ビル・マクナブ。アメリカの経営者。「ザ・バンガード・グループ・インク」会長CEO(最高経営責任者)。そのほか、米国投資信託協会会長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最新情報は現場にあります。管理職としてどんなに忙しくても、ここぞというときは現場に行きます。

マッキンゼーでもロジカルシンキングのトレーニングを何カ月もやるわけではありません。入社当初にちょっと研修をしたら、あとはOJTです。もちろん最初から上手くはいきません。同僚の思考プロセスを見様見真似で学び、できていない部分を指摘されながら、徐々にロジカルシンキングを磨いてきました。感覚としては、千本ノックのようなものですね。ある程度は、時間をかけて練習するしかないものなのです。

我々も日本では競争力があると言っても、欧米メーカーと比べて規模は小さい。同じ戦い方をせずに、ユニークさで勝負しなければダメ。

DNAは使い方次第。自分のDNAに合った戦略がとれるかどうかだ。商売はスポーツとは違って、決められたルールに沿って実行しなくてはならないものではない。だから自分のDNAに合った商売のやり方は必ずある。フォローの風の中でボールを打つようにすればいい。

日本企業はビジネスモデルの夢なり、将来への大きなスキームがほとんどなくなってしまった。それを今からどう活性化していくかが日本の大きな課題です。政治もさることながら、経済人がどれだけの構想力とガッツを持ってリスクに懸けて勝負するかが問われています。

大事なのは周りの人の自分に対するイメージをなるべく普段から付けないようにすること。バラエティに出ないとか、クイズ番組に出ないとかね。本性が出るんですよ(笑)。僕はだから年齢も言っていない。若く見られたいとかいうのではなく、○歳というだけで何らかのイメージがついてしまうのが嫌なんです。

金を稼ぐのに一番いい方法は、本当に美しくて、世間を知らなくてもいいから、高くていいものばかり買ういい女と結婚することだろうね。そうすれば、男は必死になって稼ぐから。まあ、そんなもんだろうな、金持ちになる一番の方法というのは。

社員の意識を根本から変えたいなら、訓示を垂れたりするよりも、仕組みを作るほうが効果的です。行動を変えざるを得ない環境を、まず作ってしまえば良いのです。

互いに情報やアドバイスを提供し合えるような組織は強い。

企業というものは改革を続けていかなければなりません。

ページの先頭へ