堀江貴文の名言|稼ぐようになるには、自分で思考することが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぐようになるには、自分で思考することが大切。他人の意見に安直に乗る人は、損したままの負け組からずっと抜け出せないでしょう。


堀江貴文 の経歴

堀江貴文、ほりえ・たかふみ。日本の起業家。東京大学文学部を中退。まだ黎明期だったインターネットに注目し、ウェブページ制作会社オン・ザ・エッヂを設立。経営破たんした旧ライブドアから営業権を取得。その後、様々な会社を買収し同社を大きな企業へ育てた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マーケットの実態や変化を分析し、それに対応した技術の開発に充分な時間をかけて粘り強く取り組む姿勢をもつ企業には、若々しい発想力を触発し、行動を開花させていく風土がある。プロフェッショナルな企業とは、それができる企業を指しているのである。

工夫があることで知恵が湧き、世界が広がる。

お客様の方を向かなくてはいけません。童話の「ウサギとカメ」なら、我々はカメでいい。ゴールだけを目指して着実に進みます。

営業力を強化するために何より重要なのは、営業にまつわる幻想を捨て、現実を直視すること。凡人営業マンのパフォーマンス向上のため、具体的な対策を実行することです。とりわけ、スーパー営業マン待望論、スーパー営業マン育成論という幻想に取りつかれているマネジャーはいますぐ目覚めて欲しい。やり方次第で凡人でも十分な営業結果は出せる。営業センスがゼロでも営業はできる。

大志は、空を飛ぶこともできれば、同じように、地を這うこともできる。

我々の規模では、安売り競争に入れば生きていけません。安売りをしようとすれば、食材の質も落とさなければいけない。しかし安全性の疑問が残るような素材は絶対に使いたくありません。お客様からの支持が得られないと思うからです。安売りが激化すれば、仕入先などの企業が泣かされる場合があります。そうすれば、無理が重なり、ほころびが出来て、大きな社会問題になる可能性も考えられます。我々は安売り競争から脱却しなければいけません。そのためにはリーズナブルな価格で品質が高いことが最も重要でしょう。

店舗の清潔さにも気をつけています。幸い、私は日本向けにキハダマグロ、バチマグロの輸出を長年やってきました。マグロの加工工場ではHACCP(ハサップ、ハザード分析重要管理点)を導入して、食中毒などが起こらないようにちゃんと管理しているので、それを基にしてラーメン店も管理しています。

ページの先頭へ