津谷正明の名言|競争優位性を維持し拡大するために不可欠なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

多様な人材を育成し、異なる視点からの発想を生かすことは、将来にわたって競争優位性を維持し拡大するために不可欠。


津谷正明 の経歴

津谷正明、つや・まさあき。日本の経営者。「ブリヂストン」社長・会長。東京出身。一橋大学経済学部卒業後、ブリヂストンに入社。シカゴ大学経営大学院でMBAを取得。主に国際業務を担当。執行役員グループCEO室担当、取締役常務執行役員、CRO(最高リスク責任者)、CHRO(最高人事責任者)などを経てCEO(最高経営責任者)に就任。そのほか、日本自動車タイヤ協会会長などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ミスや顧客からのクレームは、業務改善につながる大事な情報資源である。スタッフの失敗から組織が学び、失敗しにくい業務プロセスに改善するチャンスがある。

日本は大国になる必要はないが中級国家で良いとは思わない。中級国家を目指すと必ず、中級以下の国家になる。

僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。

どうせ一度は辞めようとしたんだから、これまでと全く違うものをやろう。

口に出したり、紙に書いたり、アクティブなトレースをすることで情報は脳に定着されます。特にプレゼンなどは相手の反応を何パターンか想定しながらリハーサルすることで、不安にならず、落ち着いて本番に臨めます。

褒めるというのは、表現の問題ではありません。仕事の結果としてはまだ出ていないけれど、「こいつはこういうところで頑張っている」という点を見抜けるかどうか、つまり観察力があるかどうかの問題なのです。

僕は「仕事をするのが嫌」というのが前提としてあるんです。小さいときから会社に勤めるのが怖くてしょうがなくて。夢に見るほど嫌でした。「何時から何時まで会社に来い」と言われて喜んで来る人がいるとは、僕はいまも思っていません。皆いつでも「どこかに遊びに行きたい」と思っている。そのことを前提に組織や仕事のあり方について考えてきたというのが本音なんですね。

何歳になっても、どんな立場になっても、その時点でのわが身の未熟さに気づいて、日々の精進を続けなければならない。それには、己にテーマを課して自分を磨き続けることです。

どんな人材を創るかについては、自社のブランドを体現できる人をつくることです。モノ創りを正しく実践するところからブランドを体現できる人を創ることが我々の目標です。

社内会議などでも話がなかなか終わらない人がいますが、おのおのの持ち時間をきちんと守るのは、チームプレゼン必勝の最低条件と言えます。

ページの先頭へ