津谷正明の名言|競争優位性を維持し拡大するために不可欠なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

多様な人材を育成し、異なる視点からの発想を生かすことは、将来にわたって競争優位性を維持し拡大するために不可欠。


津谷正明 の経歴

津谷正明、つや・まさあき。日本の経営者。「ブリヂストン」社長・会長。東京出身。一橋大学経済学部卒業後、ブリヂストンに入社。シカゴ大学経営大学院でMBAを取得。主に国際業務を担当。執行役員グループCEO室担当、取締役常務執行役員、CRO(最高リスク責任者)、CHRO(最高人事責任者)などを経てCEO(最高経営責任者)に就任。そのほか、日本自動車タイヤ協会会長などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中の流れにうまく乗ることが、これからの成長にとっても重要になってくる。

注意すべきは「あなたを信用しています」「あの課長だけは信頼できる」というような、その人のすべてを盲信してしまう態度です。というのも、いったん関係がこじれたときに、人格すべてを否定してしまう危険があるからです。そうならないためにも、人格ではなく、個々の成果物に対する意見を聞けるような、いい距離感を保つべきなのです。

私自身は闘争的でいったん競争になるとどうしても勝つまで戦う執念があり、策も弄するが、これは喧嘩のための喧嘩ではなく、究極は平和であり、理不尽・不合理を否定する。いうなれば一殺多生の一殺であるから徹底的に戦う主義である。

会社がほしいのはいわゆる「できる男」だけじゃない。組織には、有能な人もそれほど有能でない人も両方必要。有能な人だけが集まった組織では、絶対に上手くいきません。

当たり前の話ですが、利益を増やすのが会社の目的です。そして利益を一番大きくするには、時代に合ったことをやることだと考えています。

皆が「自分だけの市場」を見つけて山のてっぺんを取れば、世界平和につながる。

たいていの人事制度企画は、「徹底的に考え抜いた企画」です。にもかかわらず、「社員をしらけさせてしまう運用」がしばしば行われ、両者は常に互いにせめぎ合っている。人事部門は両者の矛盾を埋めていくためのイノベーションを生み出さなければならないのです。そこに手を抜いていてはいけないと思うのです。

ページの先頭へ