志賀俊之の名言|従来の考え方を変えなければ再生できない

経営危機に陥りルノーと資本提携した際、従来の日産的な考え方を変えなければ再生できない、いろいろな意見を聞くことが大切だと体感した。

志賀俊之 の経歴

志賀俊之、しが・としゆき。日本の経営者。日本自動車工業会会長。日産自動車COO(最高執行責任者)。和歌山出身。大阪府立大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。企画室長、アライアンス推進室長、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長、アライアンス推進室長、常務執行役員などを経て、COOに就任。カルロス・ゴーン社長の下、日産リバイバルプランの立案実行に関わり、経営再建の一翼を担った。また、日本自動車工業会会長、産業革新機構会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

きちんとした感謝の言葉を伝えてみましょう。夫婦の間の揉め事の大半は、「理解」と「感謝」で解決することなのです。

今30代後半から40代前半の人なら50代で人生を区切るべく計画を立ててもいい。いずれにしても無目的に定年までというのが、一番むなしいパターン。

上司を交代させることを考えるよりも、自分ができることを考えた方が実行の可能性が高く、よほど生産的です。

同じ相手と接したり、同じ光景を眺めたりしても気づきを得て成果を残す人と、何も気づかず成果を出せない人がいます。その違いは心理学でいう、「フレーム」を外せるかどうかにポイントがあります。フレームとは自分の見聞きしたものをどう切り取るかというものごとの捉え方を指し、それまでのフレームを外して、新しい見方をすることを利フレームといいます。

稼げない人には、自分の行動を数値化して分析するという習慣がありません。たとえば、アフター5は英語を勉強すると決めていたのに、思うように進んでいないとします。自分の行動を数値化して分析する習慣がない人は、毎日をただ何となく過ごしてしまうので、稼ぐ人との差はますます広がっていきます。

いまはゲームの開発期間が長期化していて1年半ほどかかりますが、1年半先の世間の空気なんて誰も読めないですよね。結局、つくり手のエゴというか、こういうものをやってみたいんだという思いが入ったものをつくるしかなく、ヒットするかどうかは運次第。

過度の期待から株価が上がり過ぎていれば、「現状はこのような段階で、ここまでいくには○年かかると思う」と素直な実態を丁寧に説明する。過小評価から株価が下がっている時は、企業の魅力をもっと伝えて株価を上げる努力をする。現状と期待が乖離している時に強化するのがIR活動。

孫子の兵法の使い方は場面ごとで変化します。しかし、その根底にあるのは、感情は置いておいて、まず生き残ることを考えるリアルな哲学です。勇気を振り絞るだとか、敗者の美学といった世界とは真逆の世界観です。

女性はとくに短期的な視点でものごとをとらえがちです。その原因のひとつは、女性たち自身の中にある「女性は若くて可愛いほうが価値があり、歳を重ねると煙たがられる」という思い込みです。そのため、若いうちに周りに認められなくてはというプレッシャーが男性以上に強いのです。

稲盛(和夫)さんはJALの幹部社員に対して、「残った社員を幸せにするのが幹部の仕事だ」と熱心に説いていきました。利益が大事だという意識を植え付けようとした際には、「利益より安全が第一だ」という声が上がりました。これに対し、「安全が第一なのは分かる。でも、修理をするにもお金が要るじゃないか。それならば利益も必要だろう」と話すと、誰も反論できませんでした。

あるとき、私の尊敬する経営者の一人ユニーの家田美智雄元会長が、「私はYTB運動をしているんだよ」とおっしゃった。何かと聞いてみたら、「上も下もなく、寄って(Y)たかって(T)、仕事(ビジネス・B)をする。これが楽しいんだ」と教えてくださった。家田元会長は、経営が傾いていたユニーを短期間で立て直した中興の祖です。自分でいろいろと苦労して結果を出してきた方なので、私も素直に真似しています。

特別な環境で普段通りの手術ができるかどうか。責任は重いですが、自分なら必ず成功できると言い聞かせていましたね。
【覚え書き|天皇陛下の手術をしたときを振り返っての発言】

20世紀は「経済の時代」でしたが、21世紀は「文化の時代」になりました。「経済価値の時代」から「生活価値の時代」へと変わったと言い換えてもいいでしょう。

ページの先頭へ