志賀俊之の名言|従来の考え方を変えなければ再生できない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営危機に陥りルノーと資本提携した際、従来の日産的な考え方を変えなければ再生できない、いろいろな意見を聞くことが大切だと体感した。


志賀俊之 の経歴

志賀俊之、しが・としゆき。日本の経営者。日本自動車工業会会長。日産自動車COO(最高執行責任者)。和歌山出身。大阪府立大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。企画室長、アライアンス推進室長、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長、アライアンス推進室長、常務執行役員などを経て、COOに就任。カルロス・ゴーン社長の下、日産リバイバルプランの立案実行に関わり、経営再建の一翼を担った。また、日本自動車工業会会長、産業革新機構会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客の環境に合わせてフレキシブルに対応できたことがここまで成長できた要因。

いまは誰もが情報を平等に手に入れられる時代ですから、自分が思いついたアイデアは、だいたい同じ時期にほかの誰かが思いついているものです。アイデアを寝かせていたら、先にほかの棋士に指されてしまいます。

俺が一番大事にしているのは戦う姿勢。技術はその次といったら変ですけど、まずは気持ちの面で絶対に負けないという意識を持たないと。そういう気持ちを常に持ってやっているのがいい方向に働いているのかな。

社会を良くするという目的こそが、成長を加速させる。

ウチには日本一の販売シェアを持つ商品がざっと1000ある。たとえば、年間115万足を販売する長靴。工事現場の足場に使う単管パイプは1万トン。セメントは20キログラム入りが100万袋。灯油は31万2000キロリットル売れています。当たり前なんですよ。店数が圧倒的に多いハード&グリーンは、一般のホームセンターに比べて小型なので、一店に1万8000アイテムしか置けない。その分、一単品の扱いが増えます。

よく「マラソンは独りのスポーツ」と言われます。しかし、私は決してそうではないと思っています。レースが始まれば自分で決める場面が多いのですが、スタートラインまでは小出監督がすばらしい練習メニューをつくってくださる。料理のスタッフが日々ベストになる栄養状態をつくってくれて、トレーナーが身体を痛めることのないよう調整して送り出してくれる。そして最後が私の番。私が勝てば監督もスタッフも皆が一番になれる。私はいわばアンカーのようなものです。マラソンもチームのスポーツなのです。

時代のキーワードがどうなるのか。見つけ出すにはトライ・アンド・エラーしかない。社員にも「とりあえずやってみよう」と伝えています。

ページの先頭へ