平野信行の名言|一人ひとりが成長し、自己実現すると、それに伴って企業価値が上がっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人ひとりが成長し、自己実現すると、それに伴って企業価値が上がっていく。


平野信行 の経歴

平野信行、ひらの・のぶゆき。日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取。岐阜出身。京都大学卒業後、三菱銀行に入行。東京三菱銀行執行役員、三菱東京フィナンシャル・グループ執行役員、東京三菱銀行常務執行役員、東京三菱銀行常務取締役、三菱東京フィナンシャル・グループ取締役、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役、常務執行役員、副社長などを経て三菱東京UFJ銀行取締役頭取に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

気心の知れた人だけでなく、普段からいろいろな人と接して上手に関係を作る経験を重ねることも大切です。初対面では相手がどんなキャラクターなのかがわかりませんから、どんなタイプでもうまく対処できる能力が不可欠なのです。ときには苦手な人と積極的に接してみることも、第一印象をよくするための訓練となるのです。

途中にマイルストーン(節目)を置くことも、やる気を維持するコツ。

「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源には限りがあり、できるだけ効率的に活用しなければなりません。その役割を担うのに、株式会社ほどふさわしい存在はありません。非効率でよければ誰がやってもいいわけで、経済的果実を効率的に社会に還元するからこそ会社というものの存在意義がある。この前提に立つと、赤字企業は社会的に不要ということになります。

最適な解と最適なビジネスモデルをつくることが一番大事。枠にとらわれずに新しい方向に向けて新しいモデルを構築することが大切。

若いころは、詞よりもサウンドが優先で、言葉はあまり好きじゃなかったんです。大事なのは、どんな格好で歩くかではなく、まず橋をかけること。それに気づいて、言葉の力を再認識しました。メロディやサウンドで相手を説得するのは難しいんですよ。いまサウンドに限界を感じるのは、僕の世界が狭くなったからかもしれません。昔は不思議の国まで行けたけど、いまはもう行けないし、行きたくもないですね。

リーダーはやはり志が大事。

全国同じ考え方で画一的にどーんとやる、というのには限界がある。

自分の実力に見合っていない目標を立てる人は意外とたくさんいます。目標とは、夢とは違い、達成可能なものでなくては意味がありません。たとえば、昨年100万円しか売れなかった営業マンが、今年いきなり1億円の売上目標を達成しようというのは、現実的に無理があります。景気やライバルの多さ、市場の成長性といった外部環境を忘れているケースもあります。「新たにコンビニ・チェーンを立ち上げ、五年後に業界シェアトップを狙う」という目標を掲げたら誰が見ても無謀ですが、これに近い目標を設定している人は、案外多いものです。

長いバレーボール人生、結果が出なくて辛い思いは数えきれないぐらいしてきたけれど、それらを乗り越えられる心を作ったのは、やはり、あのシドニー五輪の予選会での挫折です。心を強くせざるを得ない経験でした。

ビジネス上のコミュニケーションでは、言語にかかわらず、考え方から曖昧さを取り除くことの方が先決。

ページの先頭へ