平野信行の名言|一人ひとりが成長し、自己実現すると、それに伴って企業価値が上がっていく

一人ひとりが成長し、自己実現すると、それに伴って企業価値が上がっていく。

平野信行 の経歴

平野信行、ひらの・のぶゆき。日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取。岐阜出身。京都大学卒業後、三菱銀行に入行。東京三菱銀行執行役員、三菱東京フィナンシャル・グループ執行役員、東京三菱銀行常務執行役員、東京三菱銀行常務取締役、三菱東京フィナンシャル・グループ取締役、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役、常務執行役員、副社長などを経て三菱東京UFJ銀行取締役頭取に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

キーワードは「論理的思考」と「説明責任」。社員一人一人が自分の意志決定に対し「なぜ」と繰り返し問いかける。そしてほかの社員にもわかりやすく説明する。そうすれば言語が違う相手にも明確に伝わる。

「任天堂らしさ」とは、「人を楽しませることにどん欲」。そして「お客さんに対して誠意を持ってモノを作る」というところですかね。

思いついたところから書いて断片をつくれば、あとから繋ぎ合わせて編集することも可能です。私もよく外出中に携帯電話で思いつきを打ち込み、PCに転送しています。あとでメールをコピー&ペーストすれば、もう文章作成の大部分は終わってしまいます。

経営理念が単なる利害、単なる拡張というだけではいけない。それらのことが、いわば何が正しいかという人生観に立ち、かつ社会観、国家観、世界観さらには自然の摂理というところから芽生えて来なければならない。

「重要度や緊急度で優先順位を決めよう」とよく言われます。たしかに、同時に複数の案件があり、行動計画をこれから立てる場合には、そのような判断基準を使います。しかし、日常生活では、一度に複数のことを依頼されることは少なく、通常は時間差で依頼があります。アポは早いもの順が基本です。

東芝として、コアになる事業、成長させる領域をしっかり定めなくてはなりません。シナジー効果を期待できないコア以外の事業は、撤退も考えます。経営資源は限られています。成長を支えていく重要なものに、より資源配分する必要があります。

有能な経営者やリーダーは偉くなるために、人知れず練習や努力を積み重ねている。大した努力をせず成果も出せずに、口だけで「俺は偉くなるんだ」ということが目的化してしまっては単に滑稽な人になり下がってしまいますからね。

人に何かを教えるときには2つの方法があります。答えを教えてしまうのがひとつの方法。もうひとつは、答えを悟らせる方法です。社会に出てからは、相手の顔色をうかがったり、情報を分析して解決策を考えたりといった、自分で悟らなければいけない場面のほうが圧倒的に多い。しかし、教育の場面では答えを教える方法ばかりが行なわれてしまうのは、悟らせる教育には技術がいるからです。

株式会社という制度の最も素晴らしいところは、「人々がより幸せになれる仕組みだから」ということだと考えています。優れたリーダーがいて、会社を経営し、そこに雇用が生まれる。会社が成長すると雇用が増える。そのために会社はあるし、成長しなければなりません。世の中の多くの人には、リーダーの資質はありませんが、優れたリーダーのもとで働くことで、やりがいを感じて仕事ができ、報酬を得て、自分の人生に意味を感じることができる。これこそが、株式会社制度の根幹ではないかと。

私もキリウ(買収したブレーキ部品メーカー)の足利市の工場に見学に行きましたが、素晴らしい経営の考え方、現場のオペレーションに感心しました。当社の役員に「ぜひ行って勉強させてもらいなさい」と言ったほどです。それくらい経営を任すことができるパートナーがしっかりしていれば、商社もバリューチェーンのライン上で必要に応じて製造の分野に入っていけばいいと思います。

私たちは、お客さまに「明治安田生命に入っていてよかった」と言っていただける会社をめざしていきます。

天才は、その場で頭の中からアイデアを引き出すひらめき的な発想ができます。一方、凡才であっても、思いついたアイデアを常に見える化しておけば、発想が途切れず、天才とのギャップを埋めることができます。見える化は仕事の質を格段にアップさせる極めて効果的な方法です。

実は私も、成績が良くなくて……役がもらえない悔しさを悟られないよう、強がってばかりいました。私の場合は、阪神淡路大震災で劇場が閉鎖したことがきっかけでした。舞台に出たくて宝塚に入ったのに、自分は一体何をしてきたのか。寮の一室で自問するうちに、「できない自分をごまかすより、笑われてもやりたいことをやろう」。そう吹っ切れたんです。

ページの先頭へ