北尾吉孝の名言|顧客中心主義を貫けない企業はいずれ滅んでいく

基本概念は「世のため人のため」。顧客中心主義を貫けない企業はいずれ滅んでいく。

北尾吉孝 の経歴

北尾吉孝、きたお・よしたか。日本の経営者。SBIホールディングスCEO。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、野村証券に入社。その後、ケンブリッジ大学に留学。野村証券海外投資顧問室、第二事業法人部次長、ワッサースタイン・ペレラ社常務(ロンドン)、野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長を経たのち、ソフトバンクに移り常務に就任。ソフトバンク・インベストメント(のちのSBIホールディングス)社長となった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現在、私たちイケア・ジャパンは3つのことに取り組んでいます。

  1. 日常生活におけるリーダーになりたい。
  2. 働く人にとって、より良い会社になりたい。
  3. 社会に対して、責任を持つ会社になりたい。

この原則を踏まえながら、「世界で一番楽しいのは家」をモットーに生活提案をしていきます。

どんな偉大な会社であっても、各自の持つ知能やエネルギーを出し合って共通の成果を生み出す。

革新をどう起こしていくかが一番の課題。革新なきところに伝統はつながっていかない。そして、その革新を起こすにはやはり挑戦を続けなければいけない。

複数の企画書からベターなものを選ぶことは誰にでもできます。しかし求められることは「こういうものをつくりたい」という強い思いと明確なイメージをもとに、あらゆる分野のプロを活かし、束ね、新たな道を切り開いていくことです。

日本では、子供に「他人に迷惑をかけてはいけません」と教えることが多いようですが、インドでは「あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい」と教えるそうです。自分が他人に迷惑をかける代わりに、自分も他人の迷惑に寛容になる。そうすれば社会全体が温かいものになるし、メンタルを崩す人も減るのではないでしょうか。

仕事には厳しく臨みますが、常に難しい顔をしていても幸運は訪れません。明るく楽しく振る舞うことを心掛けています。

現象の表層だけを見て判断を下してはいけない。まずは「待てよ」と立ち止まって、考えてみることが必要。

「自分の見せ方」の基本を覚えておけば、仕事の実力をつけていくと同時にどんな仕事も必ず取ることができる。

どんなにありがたい話でも、自分自身が体験していないことは、いくら熱弁を振るっても共感は呼べない。

「数字で説明」することの最大のメリットは、聞き手を「安心」させられること。数字で話すというと冷たい印象を抱きがちですが、実は相手への「気遣い」なんです。そういうコミュニケーションができる人は信頼され、大事な仕事を任される機会が増え、結果としてキャリアアップできます。

ページの先頭へ