北尾吉孝の名言|一番大切なのは志

このエントリーをはてなブックマークに追加

一番大切なのはやはり志に尽きる。理想を掲げ、何とかして成し遂げようとする意志を持つべき。


北尾吉孝 の経歴

北尾吉孝、きたお・よしたか。日本の経営者。SBIホールディングスCEO。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、野村証券に入社。その後、ケンブリッジ大学に留学。野村証券海外投資顧問室、第二事業法人部次長、ワッサースタイン・ペレラ社常務(ロンドン)、野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長を経たのち、ソフトバンクに移り常務に就任。ソフトバンク・インベストメント(のちのSBIホールディングス)社長となった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

決断を求められるときというのは、大きいことから日々のことまでいろいろあります。もちろん、経営上、会社の屋台骨を左右するような重要な事柄は、あらゆる角度から検討し、材料を集め、慎重に考えますが、日々のことについては、まず決めて、やってみて、万が一、失敗しそうになったら素早く修正すればいい。その繰り返しです。

泉に石を投げると輪ができて広がっていく。いくつか石を投げると輪が重なっていく。異なる輪が重なるところにアイデアが生まれる。これをつなげれば良いんじゃないか、これは関係がありそうだと発想が広がっていく。そのためには、深くて広い「知の泉」が必要なんです。

ほめるテクニックは非常に多彩。なかでも応用範囲の広い方法が「Iメッセージ」です。「お会いできて嬉しいです」など、自分を主語にした表現ですが、この言い方の強みは、相手が否定できないこと。「素敵なお仕事ですね」なら「いえいえ」と言えますが、「○○さんのお仕事に憧れています!」なら、こちらの主観なので否定しようがありません。

「このままでは、ヤオコーがゆでガエルになってしまう」。実はそんな強い危機感を私は抱いていました。ヤオコーはこれまでずっと増益が続いています。毎年、決算賞与も出て、周囲からも「すごいですね」とおだてられる。厳しい状況に直面せずに会社が成長すると、社員に油断も生じます。ヤオコーの社風は家庭的で、仲がいいのですが、逆に言い訳が通用したり、甘えが生じたりする部分もあります。温かい社風はこれからも必要ですが、競争が激しくなる中で厳しさも求められている。

従業員一人ひとりの働きぶりが、店舗の売り上げに直結する。

お客さまの属性をデータ化できれば、ヒット率は飛躍的に向上する。

「人間が一日に使える意思決定の量は限られている」。これは心理学の定説です。朝、何を着るか、何を食べるかと検討する。いちいちそんなことをやっていたら、決める作業の連続で心はすっかりすり減ります一日に許された意思決定の総量を使い果たすと、あとは理性ではなく欲望に支配されてしまいます。ちょっとしたことでイライラし、生産性を著しく損なうことも多いのです。

ページの先頭へ