角田識之の名言|事業は人なり、究極は人間学

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業は人なり、究極は人間学。


角田識之(臥龍) の経歴

角田識之、すみだ・のりゆき。臥龍、がりゅう(ウォロン)。日本の感動経営コンサルタント。ハイネット・コンサルティング代表、「APRA(エープラ)」議長、「志授業」推進協議会理事長。愛媛県出身。大手コンサルティング会社を経て独立。著書に『生涯顧客が生まれる101のマジック』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

午後の眠くなる時間に単純作業を入れるのは避けてください。デスクワークより、営業の外回りのように体を動かす仕事の方がいい。室内で会議をやるとしても、立ってやるなどの工夫をしたいところ。

格差社会っていうと、なんか大上段に構えて話してしまう人が多いけど、そこで勝ち上がっていくのは、意外に小さなことの積み重ねだったりします。それができない人が負け組に落ちてしまう。

すごい作品を作ろうなんていっさい思っていません(笑)。ただ、締切りは必ず守ります。指示されたことだけはきっちりやるという仕事のやり方は、会社勤めのときから変わっていません。

成功者と言われる人の考え方には共通している点があります。まず「流行のビジネスには目もくれない」こと。もうひとつが「得意なことしかしない」こと。

常に自分はまだまだであることを自覚すること。「これでいいや」と思ってしまった瞬間に成長は止まってしまいます。

ファミリー向けの焼き肉レストランは名古屋が先進地でした。名古屋近郊に出かけては、1日に5件も6件も回りました。そうやって研究したうえで郊外店を出しました。

グループの存在意義を意識し、全体の方向性を統一して、中長期のビジョンを共有することが重要。

ページの先頭へ