花田賢人の名言|人間が本当にやりたいことに時間を使えるよう補助するのがAIの本質

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間が本当にやりたいことに時間を使えるよう補助するのがAIの本質。


花田賢人 の経歴

花田賢人、はなだ・けんと。日本の経営者。「Liaro」社長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員がやめたときに重要なのは、「なぜ」辞めたのかを考えることです。家庭の事情というのはイレギュラーな理由ですから仕方ありません。しかし、ミスがきっかけとなったというのは、そのミスに対する上司の対応に理由があったと考えるべきでしょう。大切なのは、「そこに愛はあるのか」ということです(笑)。

何が起ころうと、その日、その日を自分の足で必死に生きている人は「将来がどうの」なんて愚痴ったりしない。仕事にしてもなんでも、今日、自分でやったことだけが明日につながっていくのだということを知っているからね。

いろいろなところにごますってないで、変わり者にならないとダメだよね。みんなに好かれようなんて思っているからダメなんだ。俺に言わせると気に入った人に好かれれば後は関係ない。

時代の変化に対応するために、基本的には自社でモノを持たない経営を貫いてきました。

楽観主義は資本主義の原動力でもあります。リスクを取ってビジネスを始める人が数多くいなければ、経済が回らず、人類は生きていけません。

広く使われるとブランドの効果はそれだけ薄くなり、大衆化してしまう。

やっぱりテレビの威力ってすごいね。僕が『マネーの虎』でいい人のフリをしていたら、SODの評価がガラリと変わっちゃったんだから。去年の新卒社員に聞いたんだけど「AV会社なんて早く辞めなさい」と言っていたお母さんが、いまでは「いい社長さんね!頑張ってついていくのよ」って応援してくれるようになっちゃったそうなんだよ。いい機会なんでうちの社員たちに「世の中の評価なんてこのくらいいい加減なものなんだから自分の眼で判断する習慣を付けろ」って言っています。

ページの先頭へ