花田賢人の名言|まずはコアなファンを作ることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはユーザー数や広告数を伸ばすより、コアなファンを作ることが重要。


花田賢人 の経歴

花田賢人、はなだ・けんと。日本の経営者。「Liaro」社長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下の報告で話したいことすべてを話させれば、部下は頭の中をスッキリと整理することができます。そうなれば、「このように改善します」と自分から言ってくれるものです。あとは「じゃ、そうすれば」と背中を押すひと言を伝えればいい。

当社の従業員満足度が高い背景には、モチベーションだけではなく、キャスト(スタッフ)がお互いに協力して学び合いながら、顧客満足度の向上に取り組むような工夫を取り入れていることも大きいと思います。例えば、「ユニバーシティ・リーダー」の存在です。現場のキャストからお手本となる人材を毎年15人程度選抜して1年の任期で、他のキャストの各種研修で先生役を務めてもらいます。正社員だけが教え込むのではなく、現場のキャストが自分たちで考えることがサービスの向上につながっていきます。

私はたまたま社長という立場に置かれていますが、これは社員や顧客に対して大きな責任を持つ仕事を任されたというだけのことです。いまはその責務に対して懸命に働いています。

年長者が年下の人に過去の経験を語るときも、ひとつ間違うと単なる自慢話になりがちです。聞く側が押しつけがましいと感じるのは、「自分一人の力でここまでやってきた」と言わんばかりの話し方をされた場合です。それではそこから教訓を学ぼうという気にはなれません。ですから経験談を話す際は、「自分が成功したのは運がよかったからで、歯車がちょっと狂っていたらどうなっていたかわからない」という謙虚さを示すことが大切です。

時代の変化にきちんと適応していけるかどうかが問われる。変化が起これば企業の在り方も変わらないといけない。

単なる金儲けではなく、ロマンとビジョンを持って経営を手掛けるということが大切。

雑誌編集の仕事と地域活性化の仕事。一見、畑違いと思えるジャンルでも、発想力さえあれば、ジャンルを超えて他人と違う面白い仕事を生み出せるものです。

ページの先頭へ