小泉英一の名言|パブリックカンパニーになることが、消費者にとっての安心安全を作っていく

地域社会を巻き込んでパブリックカンパニーになることが、消費者にとっての安心安全を作っていくので、それを実現したい。

小泉英一 の経歴

小泉英一、こいずみ・えいいち。日本の経営者。「SHIN9」社長。整骨院経営者研究会名誉理事、一般社団法人日本柔整鍼灸革新会副会長、ブレグループ会長、iCureテクノロジー代表などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

糸井重里さんは、「どうでもいいことが実はその人」との名言をおっしゃっていましたが、仕事や業界の話などのオフィシャルな会話には、その人らしさはなかなか現われません。ビジネスの目的から外れた、アンオフィシャルの会話にこそ打ち解けた人間関係を築くカギがあるのです。

僕の場合は、「番組を好きに作っていい」と言われた時に、常日頃から「面白そうだな」と思っていたネタを番組のテーマにしてしまう。

やはりお客様に支持される商品でないと、問屋さんや小売店さんも売ってくれませんし、最終消費者のお客様も買ってくれません。一目惚れするようなデザインの商品だと感じて初めて買ってみたお客様が「おいしい」と言って、また買ってくださる。

世間にもてはやされる人間は長続きしない。流行は移り変わるからである。

「やるべきだから」とか、「やると言ってしまったから」という理由で物事をこなしているときには、勇気を出してその目標(ゴール)を変更し、別の目標(ゴール)を探した方がいい場合もある。

トップに就任して最初に社員の前で話したのは、社員一人一人がリーダーシップを持つことの大切さでした。変革を起こすためには、個人個人が改革に対して意欲的になる必要があります。そのためには、すべての社員がリーダーシップを持つことが不可欠だ、と。

我々の良さは「上司が何を言おうが、お客様が欲しい商品をがむしゃらに作り続ける姿勢」を全社員が持っていることです。

気になった時にパッと数字を確認できる速さは、デジタル機器より紙の手帳が上。手書きで転記すると、数字を体で覚えられるのも長所。

世界一の企業というのは、売上や利益ではなく、世界一愛される企業。

昔、大和ハウスの社員が、他のグループ会社に対して威張っているという話を聞いたことがあります。それで「絶対そんなことはまかりならん」と言っているんですが、一緒に飲んで、仲良くなったら全然関係なくなります。

ページの先頭へ