小泉英一の名言|やり方ではなくて在り方が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

どういう自分が社長として部下から見て、かっこいいのか。やり方ではなくて在り方が重要。


小泉英一 の経歴

小泉英一、こいずみ・えいいち。日本の経営者。「SHIN9」社長。整骨院経営者研究会名誉理事、一般社団法人日本柔整鍼灸革新会副会長、ブレグループ会長、iCureテクノロジー代表などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「やりたい」という熱意だけではなく、それが可能かどうか一歩引いてみることも必要。

中国人は自己領域の人「自己人」と自己領域外の人「外人」とをはっきり分ける考え方を持っています。自己人は家族をはじめ血縁、地縁、同じ目標に向かって行動する業縁で結ばれた人です。一方、外人はそうした縁のない人です。日本人は初対面の人でも。日本人は初対面の人でも割とすぐに信用しますが、中国人はすぐに信用などしません。まずは警戒し、敵と対する目で人を見ます。

英語は中学1年生から開始して、15年経ってもまだ初級レベルという人がほとんど。大人になってから他の言語を学ぶ場合は、そんな悠長に構えていられない。英語学習でももちろん言えることだが、多言語学習では特に、システマチックな勉強の仕方を自分で確立する必要がある。

うちの従業員はまかないで、好きなものをつくって食べていいことになっています。だからといって、ラーメンに焼き豚を10枚も載せて食べるようなことは絶対にやらせません。従業員がお客さんに出す以上のものをつくって食べてはいけません。お客さんにしてみたら、「この店の従業員はおかしい」となります。お客さんの目線をいつも感じていろということです。

自分より上の選手は、自分より努力しているだけ。責任はすべて自分にある。そこをDNAのせいにはしたくない。

僕自身、中学教師という安定した職を辞して、本宮ひろ志先生のアシスタントになるときは、その前にこれでいいのかと、何度も自問しました。でも、レールを外れなければ決して手にできないものがあるのも、また事実です。

「そうだ、窮乏にあえぐ美術家を救い、その高度なアイデア、技術を我が国に取り入れるため、ドイツでカルピスのポスターを募集しよう」。入選作には、むろん賞金を与え、落選したものも一般に公開して競売し、売上金全部を応募者一人一人に送った。
【覚書き|第一次世界大戦後のドイツの悲惨なインフレ状態で芸術家たちが困っていると聞いたときの発言。1400点の作品が集まり、画家たちに利益を分配でき、さらに世界的な広告宣伝効果が得られた】

ページの先頭へ