宇佐美進典の名言|上手く行っている時ほど、自分の課題に気付かないことがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

売上げも伸び、上手く行っている時ほど、自分の課題に気付かないことがある。


宇佐美進典 の経歴

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ICT(情報通信技術)は世界の効率化をどんどん進めている。非効率を抱えている企業、業界はここで破壊されてしまうということ。

デザイナーの中でも、私は日本人だということを非常に強く意識しています。西洋の人と日本人のものの考え方には差がある。欧米人は「個性=素晴らしい」という考えがありますが、日本は抜きん出た風体をすることはあまり感心しないという文化圏に属している。だから私に対する評価は、欧米の方が高かったのだと思います。

売上げ予測を大きく下回る商品は、少々の修正ではリカバリーできません。ならば、振り出しに戻すのが一番です。

初対面の人にいきなり営業話をしでも相手は引きます。まずは自分に興味を持ってもらうため、趣味から生い立ちまで、2つ折りの観音開きの名刺を自分の情報で埋め尽くしました。すると、その形状と内容の濃さから、約30%の方から、「すごい名刺ですね。感動しました」と連絡をくれるようになったんです。その結果、人脈が広がり、約100社の契約を獲得できました。

結婚できない人の多くは、結婚生活をイメージできていない。だから合う相手に会っても、気づかず素通りしてしまう。

徹底してコスト削減にこだわっているのは、コストは投資家自身がコントロールできる、数少ない要素の1つだからです。例えば、政府の方針や相場の動きなどは自分でコントロールできませんが、コストはそれが可能です。今の市場環境では――特に債券は非常にリターンが低いので――(手数料などの)コストの違いは実質リターンの大きな違いにつながります。

ネットにはネットの良さがあります。しかしリアル空間にも、その場所でしか得られない魅力があります。いろいろな所へ足を運び、実際に何かを見たり買ったりする体験は何物にも代えられません。もちろん、そのためには、楽しいと感じて頂けるおもてなし空間が必要ですから、これを実現するお手伝いをしていきたいと考えています。

ページの先頭へ