宇佐美進典の名言|上手く行っている時ほど、自分の課題に気付かないことがある

売上げも伸び、上手く行っている時ほど、自分の課題に気付かないことがある。

宇佐美進典 の経歴

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

5年後、15年後にライフスタイルや求めるキャリアが変わったときに、できるだけ希望に添った配置や業務内容を叶えたい。それが優秀なスタッフに長く会社で働いてもらうためには大切なことだと思っています。


タイ人から見た日本人は、「礼儀正しい」「責任感がある」「勤勉である」とおおむね高評価だが同時に、「日本人はクリアットだ」ともよく言われる。「クリアット」は「心配しすぎ」「考え込みすぎ」といった意味あいを持つ。後先のことを考えすぎて深刻に悩みがちになるという印象を、タイ人は日本人に感じ取っているようである。


若い人にとって、年配者の話は、「昔の話」「時流に合わない」と感じることもあるでしょう。しかし実は、豊富な経験を持った「ジジ話」には、普遍的なビジネスのヒントが多いものです。頭ごなしに否定する前に、一度自分の中に落としてみると、意外な気つきが見えてくるかもしれません。


ページの先頭へ