宇佐美進典の名言|一つ上の目線から見つめてみると、出来ていないところが見えて来る

現在、自分がいる場所から一つ上の目線から見つめてみると、自分の出来ていないところが見えて来る。

宇佐美進典 の経歴

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下の成績が振るわないのは、その仕事に適性がないからかもしれません。にもかかわらず「自分が面倒を見る」といって囲い込むのはよくありません。一見部下思いに見えますが、脱落者を出すと自分の評価に傷が付くという上司側のエゴでいっているケースも少なくありません。飼殺すより活躍できる余地がある他の部署や会社に行ってもらった方が本人のためです。

新たな市場を探索し、国内でも海外でも活動のフィールドをもっと広げ、会社の成長を目指していくべきだと思っています。

人は年齢を重ね、様々な経験を積むと、「自分は大変頑張って、ひとかどの者になった」と思いがちです。「今まで見えていなかったものが見えてきた」という感覚になってしまいます。しかし、それは謙虚さが失せるということです。自分の未熟さに気づくためには、謙虚に周囲の声に耳を傾け、他人芸を観察することが欠かせない。

事業を続けていると辛いこともたくさんあると思いますが、めげずに継続することが重要。

何も努力していなければ、神風が吹いたときに自分の凧を揚げることができません。大切なのは、来たるべきときに備えて準備をしておくことです。

「誰かのためにやっている」という意識ではなく、「自分が好きでやっている」と考えることが重要。好きでやっていることなら、他人に理解されなくても気にならないはず。

BtoB部門の社員には、Bの先の消費者を意識してほしいと言っています。それが我々のBtoBのお客様の期待でもあるんです。

お店が伸びていくためには、僕だけが頑張ってもダメなんです。主人だけがこざっぱりしていて、若い衆はみすぼらしい。あるいは主人だけが威勢がよくて、若い衆は表情が暗い。こんなお店は絶対に繁盛しません。やはり全員が、お客様を迎えもてなす姿勢を常に共有していることが大切です。

会社はまず社員の幸せのためにある。

私が事にあたって心がけてきたことに日本一主義がある。これは何か問題が起きたときには日本一流の学者なり専門家の意見を聞き、教えを請う主義である。こうすれば、安心して事が運べる。

ページの先頭へ