宇佐美進典の名言|意思と算盤を持って、大きな挑戦をするのが望まれるリーダー像

このエントリーをはてなブックマークに追加

達成可能な目標だと小さな挑戦になってしまう。意思と算盤を持って、大きな挑戦をするのが望まれるリーダー像。


宇佐美進典 の経歴

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

見える化の威力は私自身が会社経営で経験した。社長になったとき、まず会社の問題を見える化することから始めた。たとえば、当時は「日本のものづくりは高コスト」という固定観念が広がっていたが、実際に世界中の工場、商品ごとのコスト構造を分析してみると、日本の工場は変動費部分では十分競争力があった。一方で、固定費部分が非常に重いことがわかり、「1回の大手術」と宣言して構造改革を実施した。

資料のレイアウトだけで、どれだけ時間を使ったんだ?資料はあり合わせで構わない。
【覚書き|プレゼンの場に見栄えの良い資料をつくってきた社員に対して言った言葉】

P&Gでは、「難しくて正しいことを正しくやれ」とよく言われます。簡単に実行できるプランは、競合にもすぐに真似されるので、戦略として意味がありません。難しいけれど、誰も真似はできないと思われることに挑戦することが、最も有効な戦略になるのです。

若い人にアドバイスするときに、私はいつもこう言っている。「次の仕事のことを考えてはダメ。目の前の仕事にベストを尽くしなさい。誰からでも、どんなことでも、学びなさい。自分の力を出し惜しんではいけない。全力を尽くしていれば、必ず誰かがチャンスをくれる。」

日本人は政府に税金を納めたら、政府が何に使おうと無関心である。自分が義務さえ果たしたら、それでいいと思う。ところがアメリカは違う。税金は自分たちが生活や事業を営むうえで必要な政治をやってもらうためにあるのだと考えている。

あらゆる分野において、経験値の高い優秀な方に学ぶことによって、人は育つと思います。

その家の主人が家内の者を失うということは、手足を斬るようなものであるから、最もいけないことである。これまでは、家中の者どももあなたを褒めているように聞いていたが、万一にも見苦しいことを行なったならば、意外にも見下げられることであるから、よくよく注意せねばならない。

ページの先頭へ