宇佐美進典の名言|3人くらい他の人から話を聞くと立体的に見えて来る

世の中、知れば知るほど、知らないことがあることが分かってくる。物事は平面でなく、3人くらい他の人から話を聞くと立体的に見えて来る。

宇佐美進典 の経歴

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分たちの都合で、物事を進めるのではなく、「お客様目線で考え、行動する」。社長、役員を含めた全社員が、日々の業務の中でこのポリシーを貫き通す。これが今後ともお客様から信頼を獲得し続ける唯一の道、と確信しています。

熊切直美の名言|お客様から信頼を獲得し続ける唯一の道


ビジネス英語は学問ではなくあくまで道具ですから、できるだけ効率よくマスターすべきです。そのためには、いかに手を抜くかが大事です。

成毛眞の名言|ビジネス英語はあくまで道具


たとえ違法行為がなく目に見える被害者が出ていないとしても、企業が倫理にもとる行動をしたら、消費者や小売店はたいへん厳しい対応をとる。これまで以上に企業の倫理性が厳しく問われる時代になったのです。企業経営にあたっては、コンプライアンス(法令順守)やCSR(企業の社会的責任)を強く意識しなくてはいけない。

日和佐信子の名言・格言|これまで以上に企業の倫理性が厳しく問われる時代になった


ラグビーはあんなに体格のいい選手からタックルされても、小柄な選手が倒れず走り抜けたりするじゃないですか。あれは足の運びにヒントがあるんです。ハンド(ボール)では相手を抜くとき、自分の肩を相手の裏に入れます。肩さえ入ればシュートが打てますから。でも肩を入れるには、どちらかの足を前に出さなきゃいけない。すると足の並びが一直線になってしまう。この体勢は綱渡りと同じ。すごくアンバランスなんです。でもラグビーはそうじゃない。足は必ず縦に平行になるよう出してました。肩よりも足を先に入れちゃうんです。これならぶつかってきても踏ん張れる。スペースに入るための一歩目の出し方の練習とか。参考になりました。

宮﨑大輔の名言|他の競技から学ぶ


IT全盛の時代でも、人と人とのダイレクトなコミュニケーションに勝るものはありません。メールで詳細な資料を送ればいいと思いがちですが、それだけでは十分に伝わらないことがあるのです。

井阪隆一の名言|人と人とのダイレクトなコミュニケーションに勝るものはない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ