宇佐美進典の名言|見えないところに、大きな問題やチャンスがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

氷山の一角というように、世の中で見えている事象は、本当に一部でしかありません。逆に見えないところに、大きな問題やチャンスがある。


宇佐美進典 の経歴

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小倉昌男(創業者)の何がすごかったかというと、常にお客様の目線で考えるということですね。お客様には、どういうこと喜んでいたたけるか、どんなメリットが生まれるのかと。これを徹底的に追求したし、妥協がなかった。

会社は、経営者次第、トップ次第。うちの海外事業を見ても、うまくいっているところと、うまくいっていないところ、全部トップで決まっています。

ブランドの浸透は思っている以上にゆっくりです。早く出店して、ブランドを認知してもらい、黒字化する。すると、次に行ける。ブランドを浸透させながら、同時に黒字化も実現しなければなりません。

休日に仕事を一切忘れてしまうと、頭がぼけてしまいます。夏休みの一週間、まったく仕事のことを考えないというのでは、休み明けに出社してもしばらくの間は仕事にならないでしょう。

決定した左遷を覆すのはムリ。決定していない段階なら「自分に足りないところを身につける努力をしますので、何をすべきか教えてください」と上司に訴えます。その際期限を区切り「1年以内にやりますから、見ていてください」とつけ加える。そうすると上司も「しばらく様子を見よう」と左遷を引き延ばすこともあります。

大事な顧客との会話では、トークのネタについて腐心するよりも、顧客により高い価値を提供するための方法論を模索した方が、良い結果に結びつくのではないでしょうか。

コスト競争力という観点では、日本人の今までのやり方だけでは勝てない。

ページの先頭へ