金井政明の名言|日本企業の強みは現場の従業員

うちをはじめとして日本企業の強みは現場の従業員。圧倒的な現場力を世界規模で引き出したい。

金井政明 の経歴

金井政明、かない・まさあき。日本の経営者。「無印良品」などを展開する「良品計画」社長。長野県出身。高校卒業後、西友ストアー長野を経て良品計画に入社。生活雑貨部長、常務取締役営業本部長、代表取締役専務、イデー会長などを経て良品計画社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「私はいつも割り込み仕事ばかりで予定が立てられない」とイライラしている人がいますが、いつもであれば、それは割り込み仕事ではなく定型業務と言えますね。

最も大切なことは、物事を最小限にとどめること。

よく「企業は強みを伸ばすべき」と言われます。もちろんそれも大事ですが、日本の企業の多くは、「低い(弱い)ところを改善する」ことを忘れがちに思います。両方同時に進めるべきなのです。

昨年、社長の座をバトンタッチしました。私の時代の歴史観について本にまとめましたが、新社長に「時代が変わったのだから俺のコピーをしても駄目だぞ」とだけ申し送りました。

「歳をとると忘れっぽくなる」とよく言われますが、これは歳をとるから記憶力が低下するのではなく、年齢を重ねることで新しいことを覚える必要性が低下し、その結果、頭を使わなくなるから、記憶力が低下するのです。つまり、脳を成長させるためには、脳を常に働かせる必要があるのです。いろいろな人と交流したり、新しいことにチャレンジしたりして、脳にできるだけ多くの刺激を与えることが大切です。

もはや従来の営業手法は完全に行き詰まりを見せているが、成熟市場において、売り上げを伸ばす方法はないのだろうか。大切なのは「案件」ではなく「顧客」を見るという発想だろう。成長市場では、目の前の果実(案件)を刈り取っても森はなくならなかった。しかし市場が成熟したいま、目先の果実を刈り取るだけでは荒れ地が広がり、いずれ収穫がなくなっていく。それを避けるためには、自ら土地を耕し、種を蒔いて果実を毎年実らせてくれる木(ロイヤルカスタマー)を育てていくしかない。

リーダーの条件とは、変革を促すこと。

成長している業界で起業すれば、自然と売り上げが増える。あとは業界内でどう戦うかを考えればいい。

人を評価するとき、その人が何を得意とし、何を不得意とするかを見極めることが重要です。いくら平等に見ても、背の高い人もいれば、背の低い人もいる。走ることが得意な人も泳ぐことが得意な人もいます。スタッフの長所と短所を的確に見抜き、把握することが肝心だと思います。得意不得意を把握したうえで、得意なことを伸ばすように仕事を担当させるのです。

掃除を続けていると、掃除をしている人の心が澄んでくる。心が澄めば、いろいろなものがよく見える。他者への気遣いも当たり前にできるようになる。そういう社員が増えれば、会社は自然とよくなる。

今年の秋はレギュラー、シニアツアーともに多くの試合に出させていただきました。日本シニアオープンは38位、富士フィルムでは37位。どの試合も出場最高齢ですから、「よくやってる」と人には褒められますが、心の中では「できればベスト10に入りたかった」なんて思っているんですから欲の深いゴルファーです。

ITの再定義が必要だというのが私の考えです。ITを今でも高度な計算機やデータの倉庫ととらえる方が、経営者の中にいらっしゃいます。私たちはICT(情報コミュニケーション技術)と称しているのですが、ITはいまや社員とお客様双方のコミュニケーションを改善する強力なツールなんです。

日本のビジネスパーソンの多くは、プレゼンのときにオーディエンスに顔を向けることなく、うつむいてボソボソと資料に書かれた内容を説明します。こうしたプレゼンはいかにも自信がなさそうに見え、提案内容にも信頼を置けなくなります。

ページの先頭へ