金井政明の名言|日本企業の強みは現場の従業員

このエントリーをはてなブックマークに追加

うちをはじめとして日本企業の強みは現場の従業員。圧倒的な現場力を世界規模で引き出したい。


金井政明 の経歴

金井政明、かない・まさあき。日本の経営者。「無印良品」などを展開する「良品計画」社長。長野県出身。高校卒業後、西友ストアー長野を経て良品計画に入社。生活雑貨部長、常務取締役営業本部長、代表取締役専務、イデー会長などを経て良品計画社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やれ報告書が下手だ、生意気だと上司の受けが悪くても、骨のあるヤツというのはいる。それを認めないでいると、どんどん悪い面が出てきます。認めると、本来の骨が出て来るんです。

高いリスクを負う場合には、危険を素早く察知する必要がある。その手掛かりとなるのは、小さな職場単位の利益や付加価値の変化である。

積水ハウスでは社員の1割を、カスタマーセンターに配置しています。昔は住宅メーカーと言えば、クレーム産業と言われていました。だからこそ、我々はお客様を大事にする姿勢を続けてきた。お客様が何を求め、何を考えているか。とにかくお客様に尽くすということを徹底させてきました。

人間力がまだまだと思う人には、疑似体験力をつけることをお勧めしたい。体験した人の話を聞いて、あたかも自分が体験したかのように吸収する力です。これは演劇に近く、いわば役になりきるということです。これが身についている人は、さまざまな相手の立場に立ってものごとを考えることができます。人間力の基本はそこにあるといっていいでしょう。

まず求められるのが情報の取捨選択。私の場合、例えばネットでの情報収集は、朝の15分間、自分で絞り込んだ信頼できるサイトからだけ行う。量より質を追求することでノイズをコントロールしています。

我々長期投資家は、生活者と企業とが強力な二人三脚を組んで、良い社会を築いていこうとする図式の主役である。

急にニュース原稿を読むことになると、不安になります。間違えないか、舌の回りは大丈夫かなど。不安に思うと、まんまとそのとおりに間違えることが多いと気づきました。

ページの先頭へ