アントニオ猪木の名言・格言|でかい夢を持て

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢を持て、でかければでかいほどいい。とにかく夢を持て。私は、事あるごとに何度もそう述べている。大風呂敷を広げておさまりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか。夢を持てば燃えられる。燃えられればどん底にも耐えられる。変にひねくれることもない。


アントニオ猪木 の経歴

アントニオ猪木。日本のプロレスラー、実業家。参議院議員。新日本プロレスの創業者。横浜市生まれ。13歳で祖父に連れられ母・兄弟とともにブラジルへ渡る。コーヒー豆農場などで肉体労働を経験し、身体と精神の基礎を身につける。ブラジル遠征中の力道山の目に留まりスカウトを受け日本プロレスに入団。その後、アメリカ武者修行や東京プロレス入団、日本プロレス追放などを経て新日本プロレスを設立。日本の異種格闘技興業の基礎を作った

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。

勝ちたいと思う意思。これが私の強みです。
【覚書き:あなたの強みは何かと問われたときの発言】

子供のとき、砂いじりやトランプに時間を忘れて夢中になったよね。あれとまったく同じことなんだ。
【覚書き:圧倒的な強さを持った氏を狙い撃ちしたルール改正後、総合優勝できなくなり、それでもなお滑り続けるのはなぜかと問われたときの発言】

野球は石垣、大型選手ばかりでも勝てるとは限らぬ。素質はなくともチームをまとめるのがうまい子、安打は打てなくてもバントを確実に決められる子、そんな小さな石になれる選手がいないとチームは作れない。

ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。

必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです

全然、相手のパンチ力が違ったね。それだけじゃなく身長から体格まで違った。背が高いからパンチが届かないんだ。でも、そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
【覚書き:フライ級からバンタム級に移ったときの発言。その後、世界フライ級に続きバンタム級でも世界チャンピオンを獲得した。】

ページの先頭へ