寺田和正の名言|3手先を行くことによって勝ち残っていける

3手先を行くことによって勝ち残っていける。

寺田和正 の経歴

寺田和正、てらだ・かずまさ。日本の経営者。ファッションブランド「サマンサタバサ」創業者。駒沢大学経営学部在学中、カナダへ留学し、革ジャンパーや毛皮などが観光客に人気なのを知り、日本人向けのサイズに直し販売するビジネスを手掛ける。駒澤大学卒業後、貿易会社野村貿易に3年勤務し、貿易の実務を経験。その後独立し、25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立したのち、独自ファッションブランドを展開するサマンサタバサジャパンリミテッドを創業。同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、それまで赴任したどの学校でも、授業の中で、生徒がきらりと目を輝かせる瞬間を何度も見てきました。この経験をすると、子供たちはがらりと変わり、自ら伸びていくのです。それを日比谷でもやっていこう。結果は後から付いてくると。

武内彰の名言|きらりと目を輝かせる瞬間を持つと、子供たちは自ら伸びていく


世界のトップ企業はコミュニケーションを重視します。企業理念を掲げて社員の価値観を1つにしたり、人種や国籍、宗教といった異なる背景や価値観を持つ人々が気持ちよく働ける環境を整えたり。それが企業の力になることを知っているからです。

松村清の名言|コミュニケーションが企業の力になる


人生を意味あるものにしたいと思うなら、まず目標を決め、それに向けた「お金」と「時間」をコントロールしていくことが基本であり、すべてだともいえます。

古市幸雄の名言・格言|目標とお金と時間のコントロールが重要


組織文化が変わるきっかけは、やはり若い人が言いたいことを自由に発言し始めるときだと思います。とくに新卒の新入社員はほかの企業を経験したことがないだけに、フラットな議論に抵抗を感じません。

星野佳路の名言|組織文化が変わるきっかけは若い人から


プレゼンには大きなエネルギーが必要ですが、それは話し手が出すものではなく、聞き手からいただくものです。頷いたり、驚いたり、自分の話への手応えを感じると、大きなエネルギーになります。反対にあくびをする人が一人でもいるとエネルギーを奪われてしまう。その意味でも、最初のつかみが大事です。

池上浩一の名言|プレゼンのエネルギーは聞き手からいただくもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ