寺田和正の名言|3手先を行くことによって勝ち残っていける

このエントリーをはてなブックマークに追加

3手先を行くことによって勝ち残っていける。


寺田和正 の経歴

寺田和正、てらだ・かずまさ。日本の経営者。ファッションブランド「サマンサタバサ」創業者。駒沢大学経営学部在学中、カナダへ留学し、革ジャンパーや毛皮などが観光客に人気なのを知り、日本人向けのサイズに直し販売するビジネスを手掛ける。駒澤大学卒業後、貿易会社野村貿易に3年勤務し、貿易の実務を経験。その後独立し、25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立したのち、独自ファッションブランドを展開するサマンサタバサジャパンリミテッドを創業。同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昼は劇団の稽古で、夜は工事現場で肉体労働。キツかったなぁ。でもキツかったから、先々のことを考えて不安にならずに済んで、かえってよかったのかもしれない。

日本経済再生云々とよく言われるが、そんなことは簡単だと私は主張したい。皆がもう一度、「世界で戦おう」という気持ちになればいいのだ。現在はまだ技術的にも先行しているし、もともと日本人は大義に従う忠誠心や責任感、団結心というすばらしいものを持っている。こうした精神的な支柱を取り戻し、戦線を立て直して本気で戦う気になれば、日本人は世界で勝っていける。

脳にはミラーニューロンと呼ばれる神経細胞があります。ミラーニューロンには、相手の行動を見たときに自分も同じ行動を取るという働きがある。笑顔の人を見れば、こちらも自然に笑顔になるのです。

グローバル時代と言うのであれば、その物差しもグローバルで計らなければいけません。

とにかく、「やる」と決めて実行することが大切です。小さな失敗はたくさん出ると思いますが、失敗を軌道修正していくことで進むべき道が見つかる。

私が実践している時間短縮術は、大きく3つに分けることができます。ひとつ目は、「体調管理」です。どんな仕事でも、効率は体調によって左右されます。まずはしっかりと休養を取り、万全の状態をキープすること。すべてのテクニックは、これが前提となります。2つ目は、「段取りやスケジューリング」。私は、予算と同じように仕事にかかる時間を見積もるイメージで、「仕事の見積もり」と呼んでいます。そして、最後が「効率化」です。当然ながら、仕事に対する知識やスキルが向上すれば、作業スピードが上がり、そのぶん、仕事時間が短縮されます。

まず原点回帰で、当社の本当のコアのバリューがどこにあるのかを社内で確認し、本来の理念に立ち戻り、それをしっかり復活させていくことに焦点を絞っています。

ページの先頭へ