藤重貞慶の名言|我々が集中すべきなのは、「過去」でも「未来」でもなく、「今日」

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々が集中すべきなのは、「過去」でも「未来」でもなく、「今日」。


藤重貞慶 の経歴

藤重貞慶、ふじしげ・さだよし。日本の経営者。「ライオン」社長。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(現:ライオン)に入社。主にマーケティング商品企画で頭角を現した。子会社の管理部門への出向、本社イノベーションルーム室長、国際事業本部長、常務、家庭品営業本部長、専務などを経て社長、CEO。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が先輩社員からよく言われたのは、「いったんつくった案を、平気で崩せる人間になれ」ということでした。要するに、いくら本気で練り上げた案でも、よそにもっと優れた案があることに気づいたら、自分の案にはこだわらずに崩す勇気を持てと。自分だけが正しいと思うなということです。

心臓手術は、メスで体を開く前に勝負が決まっています。一回はじめれば戻れないし、血が止まるまでやめられない。手順が狂えばうまくいかないから、それぞれの作業工程もいかにすばやくまちがえないでやるのかという組みたてを、身体にしみつかせる必要があるんですね。

大事なのは、相手との一体感をつくること。一緒に見たり感じたりしたことを話すのは、共通体験をつくるうえでとても有効なのです。

私は会社員時代から意識してオフィスを離れて仕事をするようにしていました。いつも同じ人と同じ場所で仕事をしていると、思考回路が凝り固まってしまうような気がしたからです。とくに何かの企画を考える際は、会社近くの喫茶店やホテルのティールーム、訪問先企業のロビーなど、環境を変えて仕事をすることを意識していました。クリエイティブなアイデアをひねり出すため、場の力を借りるという感じです。

もっともっとお金が欲しい。稼いでも稼いでも欲しいものに追いつかない。それが「欠乏」の神話です。

不況だ、不況だ、と騒いでいるけど、この世の中に、景気、不景気があるのは当たり前のことなんだ。振り子が右に振れれば、次は左にゆれる。それでだんだん良くなるんだよ。

質という客観性に乏しい指標は、目標として掲げるには難しいものです。自分のレベルを自分で判断すること自体が困難ですし、質を求めるプライドが前進の邪魔をすることもあります。プライドというのは見せまいと思っても自然と出てくるものなので、いったん心の中にしまっておき、まずは誰が見ても客観的に判断できる量で勝負してみると、他人の評価もついてくるようになるものです。

太陽の光に浴さなければ、物が育たないのと同じことで、人間の理想精神というものは心の太陽なのだ。理想に向かって情熱を湧かすということは、日に向かう、太陽を仰ぐということだ。これがないと人間のあらゆる徳が発達せず、したがって才知芸能も発達しない。

研修は、人材戦略の一環であり、一時のイベント的な打ち上げ花火であってはいけません。「ああ、よかった。いい研修だったね」ではなく、「さあ、じゃあ、次どうする?」につながることが大切です。

営業成績を上げる、客観的に誰もが認める成果を上げる。その実績が自分の力になってくれます。自分に力を付けたうえで、「so what(それが何?)」精神でいれば、嫉妬は乗り越えられます。

ページの先頭へ