藤重貞慶の名言|我々が集中すべきなのは、「過去」でも「未来」でもなく、「今日」

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々が集中すべきなのは、「過去」でも「未来」でもなく、「今日」。


藤重貞慶 の経歴

藤重貞慶、ふじしげ・さだよし。日本の経営者。「ライオン」社長。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(現:ライオン)に入社。主にマーケティング商品企画で頭角を現した。子会社の管理部門への出向、本社イノベーションルーム室長、国際事業本部長、常務、家庭品営業本部長、専務などを経て社長、CEO。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

管理職としての資質が高い人は上司からの指示を理解しつつも、部下の実情や気持ちへの配慮を欠かしません。それゆえに、そういう人は経営者であるあなたに「物を申す」ことも少なくないでしょう。けれども、彼らの言葉には現場の真実があります。そこに耳を貸さないのは、経営者として決してフェアではありません。

やる気のない部下にいくら方法論を教えても無駄です。部下と真剣に向き合い、人生を預かるくらいのつもりで踏み込んで指導していくことにしました。仕事を楽しみ、自分がやれると思ってもらうために、ダメな部下に向き合い、ときに褒め、ときに怒鳴り、ときに涙し、私の本気をぶつけました。

他人への気遣いで大切なのは、話を聞いてやることだ。人間は歳を取ると、どういうわけかこれが苦手になるらしい。むしろ、自分の自慢話ばかりしたがるようになる。だけど、自慢話は一文の得にもならないし、その場の雰囲気を悪くする。それよりも、相手の話を聞く方がずっといい。

いい顧客を選んで、付加価値の高い商品を売る。それが値上げの難しい業界で客単価を高めるコツだ。

行動を把握したがる細かい性格の上司には、報告書に具体的な提案や発注内容を盛り込む。一方、部下の主体性を重んじる放任主義の上司なら、最小限の情報を記入すればいいでしょう。

情報の隠蔽は、もっとも回避すべき手段。

周囲の期待はコントロールできませんが、期待の受け止め方はコントロールできるはず。今まで培ってきたことを全力で出し切るチャンスだと捉えればプレッシャーにはなりません。

ページの先頭へ